注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東芝<6502>、リクルートホールディングス<6098>、ブイ・テクノロジー<7717>」

東芝<6502> 232.5円 前日比+7.4円(+3.29%)

反発。半導体メモリー事業入札で米投資ファンドのベインキャピタルがMBOを提案するとの報道が伝わったほか、2次入札で産業革新機構と日本政策投資銀行が参加意向を表明したとの報道も買い材料視された。資金調達による上場維持期待が買いにつながっている。

リクルートホールディングス<6098> 5,750円 前日比-500円(-8.00%)

大幅反落。米Googleが米国内で求人情報検索サイトの提供を開始すると発表しており、同社傘下の米インディードの事業において逆風となるほか、日本国内でのサービス実施ともなれば競合関係となるため、先行き懸念の売りが出ている。直近では調査機関の高評価が相次いでいたこともあり、高値推移を見せていた。

ブイ・テクノロジー<7717> 21,460円 前日比+830円(+4.02%)

活況高。前営業日に続いて全市場の売買代金上位に進出しており値幅取りの動きが活発化している。好業績の値嵩株では東京エレクトロン<8035>も物色が継続、直近で調整の目立っていた金融関連などが見直された半面、任天堂<7974>には利益確定売りが出ている。

-注目銘柄シューティング