明日の株新聞

明日の株新聞「欧米市場の調整警戒とともに戻り売りに押される 小資金で取引可能な銘柄で取り組め!」

神経質な外部要因のもと売り買い交錯からテロ警戒による海外市場軟化を先回りした売りに押された本日の株式相場ですが、直近でも見られた戻り売り圧力も株価指数の上値の重しに。物色は材料株やテーマ株、新興軽量級などが選好される流れが続いています。

日経平均株価は3日ぶり反落。5日移動平均線(19650円)に沿って上値を切り下げてきました。ローソク足も陰線転換となっています。

さて、前営業日配信版では「株価指数は続伸も戻り売り圧力残る 押し目買いや打診売買向きの少額取引対象が有利」と題していました。

前営業日は指数続伸も上値の重い展開となり、戻り売りが重しに。日経平均株価では5日移動平均線の上値抵抗が確認されていたと思います。

本日も同線攻防がポイントとなるなか、米国株上昇も上抜けならず。英マンチェスターコンサート会場爆発にテロの可能性が表面化、欧米市場の反応を警戒する流れともに大引けにかけて下げ幅を広げてきました。

今晩の欧米市場の反応を確認しながら、明日も水準探りが続きそう。下値では直近安値レベルとなる節目19500円との位置関係がポイントとなりそう。

一方、物色傾向では、外部要因の影響を受けにくい材料株やテーマ株、新興軽量級など小型株へのシフトが目立っています。

本日では、先週16日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「期待以上の今期予想で買える株!」の提供銘柄・日本ライフライン<7575>がわずか5営業日で目標株価を達成。決算評価とともに新値追いを強める動きを見せていました。

ただ、買い一巡後は売り直される展開。地合いが不安定な今は、打診売買や下値拾いに適した小資金で取引可能な銘柄の取引メリットの高い局面との見方に変更はありません。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-明日の株新聞