明日の株新聞

明日の株新聞「日経平均株価は戻り売りこなし高値奪回なるか 短期資金循環は活発、売買対象をマーク」

米国株高、ドル軟化と外部要因はまちまち、売り買い交錯から押し目買いとともに水準を切り上げてきた本日の株式相場ですが、売買代金上位では材料選好の流れ。短期資金循環も確認されています。

日経平均株価は続伸。節目19800円台に乗せてきました。ローソク足も陽線転換、5日移動平均線(19687円)も上向きに転じてきています。

さて、前営業日配信版では「欧米市場上昇で見直し進むもまだ上値重い 短期視点で上値の軽い活躍銘柄を絞り込め!」と題していました。

前営業日には上値抵抗となっていた5日移動平均線を奪回。ただ、日経平均株価のローソク足は陰線とまだ戻り売り圧力が働いていたと思います。

本日ではさえない立ち上がりとなったものの、押し目買い意欲の高まりとともに上値を切り上げる展開。まだ上値は重いものの、5日移動平均線を下値支持とした下値切り上げが続きそう。

物色傾向でも日経平均株価構成比率上位、ハイテクが堅調展開。ただ、当欄で指摘していた材料株やテーマ株、新興軽量級の動きは地合いを問わず、安定した値動きが確認されています。

来週月曜日にも米国市場休場が控えており、今晩あたりから日程面を意識した流れともなりそうで、明日から来週前半にかけては短期売買優位の流れが強まるのではないでしょうか。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞