来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価は底堅いながらも上値は重い 保有期間を限定した短期売買向きの局面に」

今週の株式相場は、先週後半の調整からの出直りを試す動きとなっています。

日経平均株価は、先週末の19500円台から、月曜日には19600円台まで上昇。火曜日は売り直されたものの、節目19600円台を保つ動き。水曜日には19700円台、木曜日には19800円台まで水準を切り上げ、金曜日には19800円を挟んで水準を探る動きとなりました。

先週には、トランプ大統領のロシアに対する情報漏洩問題が表面化。米国政策進展期待の後退が意識されたことで後半に調整が働いていたと思います。

先週末の米国市場が上昇、見直し買いが押し上げた月曜日でしたが、戻り売りが上値の重しに。火曜日も英マンチェスターコンサート会場爆発にテロの可能性が表面化、欧米市場の反応を警戒する流れともに大引けにかけて軟化していました。

ただ、警戒された欧米市場の反応は落ち着いており、水曜日には見直し買いが主導。米国株高、ドル軟化と外部要因はまちまち、木曜日には売り買い交錯から押し目買いとともに水準を切り上げ、出直りを試す動きに。

外部要因の進展なく、金曜日には再び売り買いが交錯。株価指数はもみあいに終始しています。

さて、前回配信版では「大台奪回失敗の日経平均株価は下値探りの動き 低売買単価銘柄での打診買いが最適!」と題していました。

株価指数は下値確認から出直りを試す動き。日々の変動に一喜一憂せず、落ち着いて下値水準を拾っていきたいところで、当欄でも打診売買向きの低売買単価銘柄の取引メリットを指摘していたと思います。

月曜日には、先週火曜日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「期待以上の今期予想で買える株!」の提供銘柄・明治機械<6334>がわずか4営業日で目標株価を達成。上方修正、本決算開示以降、断続的な資金流入が確認されていました。

同社株も100株単位株価3ケタと手掛けやすく、リスク限定の売買が可能。神経質な展開となった今週でも打診売買向きの低売買単価銘柄の短期売買を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、株価指数は底堅いながらも上値は重く、中核銘柄も手掛けにくいタイミング。決算評価の個別材料株やフィンテック関連、コンテンツ関連、半導体関連、IOT関連の一角が短期資金で賑わっています。

まだ株価指数の上値が重いなかでは、保守的なスタンスで臨むのが無難。保有期間を限定する短期売買など、引き続きリスク限定での投資方針で臨みましょう。

-来週の相場展望