注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ソフトバンク<9984>、ディー・エヌ・エー<2432>、インフォテリア<3853>」

ソフトバンク<9984> 8,980円 前日比+248円(+2.84%)

反発。傘下の英アーム・ホールディングスが新技術に基づいて設計されたプロセッサ新製品発表を好感した買いを集めている。難地合いのなか材料性に着目した物色を集めたようだ。売買代金上位では任天堂<7974>も高値推移を続けており、地合いを問わない活躍が確認された。

ディー・エヌ・エー<2432> 2,450円 前日比-27円(-1.09%)

続落。クレディ・スイス証券が目標株価を3,600円から3,300円に引き下げたことが売り材料視された。格下げのJSR<4185>、目標株価引き下げの小野薬品工業<4528>も売られた半面、目標株価引き上げのアルバック<6728>、JALUX<2729>が買われた。

インフォテリア<3853> 1,119円 前日比+150円(+15.48%)

連騰。決算評価や自社株買いを好感した物色が継続しているほか、仮想通貨関連のテーマ人気に着目した買い上がりを集めており、全市場の売買代金上位にも進出。全員参加型の人気銘柄ともなっている。売買代金上位ではエムアップ<3661>も活況を呈した。

-注目銘柄シューティング