来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価は年初来高値更新し大台2万円奪回 低売買単価銘柄から大化け株を選び抜け!」

今週の株式相場は、前半は先週の出直りから戻り売りが重しとなっていたものの、後半からは買い気を強める展開となっています。

日経平均株価は、先週末の19600円台から、月曜日には19700円台を挟んだ値動き。火曜日、水曜日と19600円台や25日移動平均線での攻防が見られたあと、木曜日には19800円台まで上昇、金曜日には大台2万円奪回を果たし、年初来高値を更新する動きとなりました。

先週には、外部要因に目立った変化はなく、売り買い交錯から週後半にかけて出直りを試す動きとなっていたと思います。

週明け早朝に伝わった北朝鮮ミサイル実験が若干の円買いを誘ったものの、英米市場休場による市場参加者不足で売り圧力も限定的、閑散に売りなしの需給要因から月曜日には底堅く推移しました。

火曜日も外部要因の変化に乏しく、売り買い交錯の展開。休場明けの米国市場が振るわず、円買い圧力も見られるなか、水曜日は月末最終日でファンド資金が流入、ボリューム回復も株価指数は膠着感を強める流れに。

ただ、木曜日には週前半の膠着相場から日中の円安推移を手掛かりに買い優勢の展開。日経平均株価の保ち合い上放れとともに上げ幅を拡大する流れ、5日ぶりの反発となり、上値切り上げに転じてきました。

金曜日には、米雇用指標好感によるドル高、米国株高とともに買い気を強め、日経平均株価は大幅続伸スタート、寄り付き後は大台2万円奪回を果たし、年初来高値を更新してきています。

さて、前回配信版では「日経平均株価は底堅いながらも上値は重い 保有期間を限定した短期売買向きの局面に」と題していました。

さらに「株価指数の上値が重いなかでは、保守的なスタンスで臨むのが無難。保有期間を限定する短期売買など、引き続きリスク限定での投資方針で臨みましょう」とも記していたと思います。

株価指数の上値の重さ、膠着感を強める動きとなった週前半には、先週から販売を行い、今週配信を行っている上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』月曜日配信の上昇期待参考銘柄・メディカルネット<3645>が水曜日に短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。はやくも実質2営業日、初配信の月曜日銘柄から返金条件クリアを果たしました。

さらに、リスク選好の流れが強まった木曜日にも上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』火曜日配信の上昇期待参考銘柄・ルーデン・ホールディングス<1400>、水曜日配信の上昇期待参考銘柄・アルメディオ<7859>が相次いで短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成しています。

また、火曜日前引け後配信の「ベーシックプラン」『第1弾推奨銘柄』のリンクアンドモチベーション<2170>は木曜日まで提供後から3日連続の上場来高値更新を果たし、目標株価を達成。提供時751円からの上昇率は10%を超えていますが、同社株も100株単位株価3ケタとリスク限定で取り組める対象だったのではないでしょうか。

さらに、水曜日後場寄り配信の「スポット銘柄」も連日の上場来高値更新。さらに木曜日にはストップ高、金曜日も連続上場来高値更新となり、提供時からの上昇率は36%を記録。上値の軽い銘柄には短期資金流入が継続しており、今週は短期売買で利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、来週には米雇用統計結果を受けての週明けの反応から、8日のイギリス総選挙結果、第3週の日米金融政策イベントを睨んでの動きとなりそうですが、外部要因の変化を確認しつつ、相場の先行きを探る状況が続きそう。

物色傾向では、指数膠着時には今週同様に株価指数や全体相場の影響を受け難い銘柄を手掛けていきたいところ。具体的には、新興市場の軽量株や短期資金を集めやすいテーマ株や材料株、そして低位株が狙い目となりそう。

そこで来週は株価が低水準にある「低位株」に注目してみてください。このまま好地合いが続けば、数量効果の高い低位株や低売買単価銘柄のほうが人気を集める期待があります。値上がり率ランキングなどを参考に動き始めた低売買単価銘柄を手掛けていき、評価余地が大きければ、将来的には「大化け株」に育つ可能性もあるでしょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望