明日の株新聞

明日の株新聞「株価指数は新値追いも海外イベント控える 上値余地ある大化け期待銘柄が狙い目!」

雇用指標好感の米国株高、ドル高を好感した買いが主導、株価指数の年初来高値更新とともに買い気を強めた本日の株式相場ですが、物色傾向でも中核銘柄の上昇が目立つ格好となっています。

日経平均株価は大幅続伸。一気に年初来高値を更新し、大台2万円を奪回してきました。日中も上げ幅を広げて後場一段高、節目20200円台まで上値を伸ばしてきています。

さて、前営業日配信版では「株価指数の保ち合い上放れで買い気強める 短期売買対象の爆発的上昇で利益を膨らませろ!」と題していました。

日経平均株価は前営業日に保ち合い上放れ。外部要因進展の加わった本日では前述の通り日経平均株価が新高値形成。物色傾向でも指数構成比率上位、メガバンクら中核銘柄を中心とした上昇となっています。

ただ、来週には米雇用統計結果を受けての週明けの反応から、8日のイギリス総選挙結果にSQ算出、第3週の日米金融政策イベントを睨んでの動きともなりそう。外部要因の変化を確認しつつ、相場上昇の持続性を探る状況でしょうか。

そこで「好地合いのもと、引き続き大化け期待のある需給妙味の強い銘柄を狙っていきましょう」と指摘していました。

31日後場寄り配信の「スポット銘柄」は連日の上場来高値更新。さらに本日もストップ高まで買い進まれており、提供時からの上昇率は2営業日半で36%を記録。需給妙味が強く、上値の軽い銘柄への資金流入が続いています。

さらに、前営業日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日新<9066>がわずか1営業日で目標株価を達成。同社株も新値追いを強めており、2007年以来の高値推移となるなど、大化け期待のある銘柄は引き続き狙い目となるでしょう。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-明日の株新聞