注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「トヨタ<7203>、インフォテリア<3853>、KLab<3656>」

トヨタ<7203> 5,968円 前日比-124円(-2.04%)

反落。米雇用統計の市場予想下振れで追加利上げ観測が後退、為替相場で円高推移が確認されており、前営業日上昇から売り直されている。売買代金上位ではホンダ<7267>、SUBARU<7270>、ブリヂストン<5108>、マツダ<7261>など外需関連が売られた。

インフォテリア<3853> 1,061円 前日比-139円(-11.58%)

大幅続落。自社株買い実施や仮想通貨関連のテーマ人気で先週には活況を呈していたものの、換金売りで値を崩している。同じく仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>も軟調。代わって売買代金上位では任天堂<7974>などへの資金還流が確認された。

KLab<3656> 1,540円 前日比+177円(+12.99%)

活況高。全市場の売買代金上位に進出しており、全員参加型の人気銘柄となっている。仮想通貨関連が調整しており、コンテンツ関連の一角にテーマ資金がシフト。買いが買いを呼ぶ展開となっているようだ。

-注目銘柄シューティング