注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、東芝<6502>、モブキャスト<3664>」

任天堂<7974> 34,630円 前日比+60円(+0.17%)

大商い。利食いこなし年初来高値を更新、売買代金最上位と商いを集めている。今晩の23時に「ポケモンダイレクト」でポケモン情報を配信する見通しで、同社プラットフォームでの新ソフト発表などの思惑も高まったようだ。時価総額5兆円を試す動きとなるなど、活躍期待が継続している。

東芝<6502> 262.8円 前日比+7.2円(+2.82%)

反発。半導体メモリ事業売却に対して米ウエスタンデジタルが出資比率での譲歩案を提示したと報じられており、事業売却前進期待が高まったようだ。また、売却先も米半導体大手のブロードコムの優先交渉権獲得の観測報道も伝わったことも支援材料となったようだ。

モブキャスト<3664> 1,257円 前日比+120円(+10.55%)

連騰。全市場の売買代金上位に進出しており、コンテンツ関連の一角としてテーマ資金流入が確認されている。関連銘柄ではアエリア<3758>も堅調、仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>が底堅く推移した半面、人気化していたエムアップ<3661>は換金売りに押された。

-注目銘柄シューティング