明日の株新聞

明日の株新聞「イベント警戒のなか日経平均株価は大台攻防 打診売買狙いで銘柄を絞り込め!」

イベント警戒の流れのなか、前営業日に続いて軟調な立ち上がりとなったものの、見直し買いで持ち直した本日の株式相場ですが、前営業日に割り込んだ指数の大台攻防が確認されるなど、水準探りの動きとなっています。

日経平均株価は小反発。前場で節目19900円を試す場面が見られたものの、後場で切り返してきました。ローソク足は陽線転換、大台20,000円に乗り直す場面も確認されています。

さて、前営業日配信版では「日経平均株価大台割れとともに買い手控え 打診売買や短期売買でリスク限定を!」と題していました。

前営業日には場中の円高推移とともに日経平均株価が大台2万円割れ。イベント警戒とともに手仕舞い売りも押し下げ要因となっていたと思います。

昨晩の米国市場もイベント警戒による手仕舞いが主導。東京市場でも見切り売りが先行したものの、前述したように後場で切り返す動き。金曜日のSQ算出に向けて大台を基準とした水準探りの動きが働いているのではないでしょうか。

物色傾向では、直近で売り込まれた銘柄に見直しが働いたほか、材料性やテーマ性のある銘柄に資金が流入。先月16日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「期待以上の今期予想で買える株!」の提供銘柄・扶桑化学工業<4368>が目標株価を達成しました。

決算評価とともに新値追いを強める動き。5日のインターネット会員A情報で買い推奨していたラサ商事<3023>も目標株価を達成。同社株も上場来高値更新銘柄と順張り視点の動きが確認されています。

さらに、同社株は100株単位株価3ケタと取り組みやすく、イベント警戒の流れのなか、ポジション調整を進めながら、押し目買いに適した少量のポジション、少量のリスクテイクが可能な低売買単価銘柄を軸とするスタンスに変更はありません。

-明日の株新聞