来週の相場展望

来週の相場展望「まだ来週も金融政策イベント残る 打診売買や押し目買いに適した低売買単価銘柄を活用せよ!」

今週の株式相場は、買い気を強めた先週後半の流れから、利益確定売りが重しとなったものの、週半ばからは底堅さも確認されています。

日経平均株価は、先週末の20100円台から、月曜日も20100円台を保つ動き。ただ、火曜日に大台2万円割れを余儀なくされるも水曜日には大台攻防へ。木曜日には19900円まで水準を切り下げたものの、金曜日には大台2万円に乗り直す場面が見られており、若干水準を切り下げてきました。

先週には、ドル高、米国株高で日経平均株価の大台奪回を果たすなど、週後半にかけて買い気を強めていたと思います。

注目された先週末の米雇用統計は市場予想下振れ。米国株は上昇したものの、円買い圧力につながり、月曜日には直近上昇からの利益確定売りが主導。それでも日経平均株価は押し目買いで切り返す場面も見られていました。

外部要因が振るわず、火曜日の日経平均株価は円高推移とともに下値を探る動き。月曜日安値や大台2万円割れの節目を下抜くとともに下げ幅を広げる動きに。

金曜日大勢判明のイギリス総選挙にSQ算出、木曜日のECB理事会、イギリス総選挙、FBI長官の議会証言を睨んで、水曜日には日経平均株価の節目攻防が見られるなど、水準探りの展開。木曜日にはイベント警戒の流れが強まり、大引けにかけて手仕舞い売りに押されました。

ECB理事会、FBI長官の議会証言を消化した金曜日には見直しが先行。イギリス総選挙の与党過半数割れで弱含む場面があったものの、日経平均株価はSQ値を上回る推移に。ただ、来週の日米金融政策イベントを控えて上値に買いを入れにくい局面ともなっています。

さて、前回配信版では「日経平均株価は年初来高値更新し大台2万円奪回 低売買単価銘柄から大化け株を選び抜け!」と題していました。

イベントを睨んでの展開が予想されるなか、外部要因の変化を確認しつつ、相場の先行きを探る状況となるため、株価指数や全体相場の影響を受け難い新興市場の軽量株や短期資金を集めやすいテーマ株や材料株、そして低位株を狙い目としていたと思います。

月曜日には、先週に配信を行っていた上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』金曜日配信の上昇期待参考銘柄・フォーカスシステムズ<4662>が短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。寄り付き後にストップ高を記録するなど、買いが買いを呼ぶ展開となりました。

5月23日配信の「大化け銘柄ウォッチリスト」もトップピック銘柄・ケーユーホールディングス<9856>、ケーティーエス<4345>、エンバイオ・ホールディングス<6092>、エー・ピーカンパニー<3175>の配信翌営業日始値合計評価から終値で4.14%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか9営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件をクリアしています。

水曜日には、先月16日引け後配信『厳選5銘柄付き』株式投資戦略マーケットレポート「期待以上の今期予想で買える株!」の提供銘柄・扶桑化学工業<4368>が目標株価を達成しました。

月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたラサ商事<3023>も目標株価を達成。同社株も上場来高値更新銘柄と順張り視点の動きが確認されており、さらに同社株は100株単位株価3ケタと取り組みやすく、イベント警戒の流れのなか、短期資金集中が確認されています。

木曜日には、先週に配信を行っていた上昇期待参考銘柄付き『短期売買戦略コメント』先週木曜日配信の上昇期待参考銘柄・FCホールディングス<6542>が短期売買戦略コメントの目標株価でもある配信翌営業日始値から10%上昇率を達成。寄り付き後にストップ高、上場来高値更新を記録するなど、買いが買いを呼ぶ展開となりました。

今週火曜日配信の「大化け銘柄ウォッチリスト」もトップピック銘柄・ジェイエスエス<6074>、PALTEK<7587>、フジクラ<5803>、アンリツ<6754>の配信翌営業日始値合計評価から終値で4.98%の上昇率を記録。配信翌営業日始値からわずか2営業日で「4%超の評価額上昇」の返金条件をクリアしており、今週は短期資金集中の見込まれる銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、イベント通過とともに株価指数も値固めが進んでいますが、まだ来週にも日米金融政策イベントも控えており、相場方向性は見極めにくい局面が続きます。

現状では、打診売買や押し目買いに適した手掛け易い銘柄を取引して「利益確定」を繰り返していくべきでしょう。小刻みに利益確定を繰り返していけば、複利効果で大きな利益を得ることもできるだけに、大きな値幅を取るよりもまずは勝率を重視して、手掛け易い銘柄で利益確定を目指していきたいもの。そこで来週は、少ない資金で回転売買が可能な「売買価格の低い銘柄」に注目してみてください。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望