注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ソフトバンク<9984>、東芝<6502>、アエリア<3758>」

ソフトバンク<9984> 9,476円 前日比+655円(+7.43%)

急反発。出資先の中国アリババ・グループ・ホールディングの好業績見通し、みずほ証券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたほか、ロボット開発企業2社の買収を発表したことも買い材料視された。傘下のソフトバンク・テクノロジー<4726>も材料性で賑わっている。

東芝<6502> 300.8円 前日比+15.2円(+5.32%)

大幅続伸。半導体メモリー事業売却への優先交渉先の選定で産業革新機構、米ウエスタンデジタルの連合にKKRに代わってベインキャピタルが参加するとの観測報道が買い材料視された。好条件で独禁法抵触の懸念もなく、米半導体大手のブロードコムが有力視されているものの、高値売却への期待が高まったようだ。

アエリア<3758> 6,130円 前日比+200円(+3.37%)

大商い。ゲーム企画開発のグッドビジョンを完全子会社化すると発表したことが買い材料視された。全市場の売買代金上位に進出しており、コンテンツ関連の一角としてテーマ資金流入が確認されている。モブキャスト<3664>なども好調、仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>も賑わった。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング