注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「ソフトバンク<9984>、東芝<6502>、リミックスポイント<3825>」

ソフトバンク<9984> 9,228円 前日比-248円(-2.62%)

反落。前営業日にはアリババの好業績見通し、ロボット会社買収など材料性で買い進まれていたものの、米国市場でのハイテク株安を受けて、保有する米エヌビディア株の急落も嫌気されたようだ。ハイテクの東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>なども売られた。

東芝<6502> 329.1円 前日比+28.3円(+9.41%)

大幅続伸。半導体メモリー事業売却への優先交渉先の選定で米ウエスタンデジタルの連合が買収提案を少なくとも2兆円に増額するとの観測報道が買い材料視された。米半導体大手のブロードコムが有力視されているものの、高値売却への期待が高まったようだ。

リミックスポイント<3825> 1,484円 前日比+66円(+4.65%)

大商い。全市場の売買代金上位に進出しており、仮想通貨関連の一角としてテーマ資金流入が確認されている。コンテンツ関連のモブキャスト<3664>、アエリア<3758>には利益確定売りが出たものの、バイオ関連のソレイジア・ファーマ<4597>が人気化した。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング