注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「任天堂<7974>、小野薬品工業<4528>、アカツキ<3932>」

任天堂<7974> 34,760円 前日比+600円(+1.76%)

続伸。東海東京証券が目標株価を35,000円から56,000円に引き上げたことが買い材料視されたほか、米ロサンゼルスで開催されているゲーム見本市「E3」にてスイッチ向け新作ソフト「スーパーマリオ・オデッセイ」を発売すると発表。さらにスイッチ向けのポケモンシリーズ開発も明らかにしており、支援材料となったようだ。

小野薬品工業<4528> 2,335.5円 前日比+114.0円(+5.13%)

急反発。発行済み株式総数の3.77%、500億円を上限に14日から自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。取得全株と3000万株を10月末に消却する見通しで一株当たり利益の上昇、株主還元姿勢を評価した買いを集めているようだ。

アカツキ<3932> 8,270円 前日比+500円(+6.44%)

大幅続伸。前営業日につづいて上場来高値更新とともに買いが買いを呼ぶ展開となっている。全市場の売買代金上位に進出しており、全員参加型の人気銘柄ともなった。コンテンツ関連ではKLab<3656>、アエリア<3758>、仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>が売られた半面、バイオ関連のジーエヌアイグループ<2160>、ペプチドリーム<4587>は買われている。

-注目銘柄シューティング