来週の相場展望

来週の相場展望「金融政策イベント消化も株価指数は水準探り続く ここは打診売買向きの銘柄で手堅く狙え!」

今週の株式相場は、重要イベントを見極めたいとの買い手控え、手仕舞いが交錯。方向感を欠く動きとなっています。

日経平均株価は、先週末の20000円台から、月曜日には19900円台まで調整。火曜日も19900円を挟んだ値動きとなり、水曜日には大台20000円抵触も軟化。木曜日には19800円台まで水準を切り下げるも金曜日には19900円台まで戻しており、水準探りに終始しました。

先週には、週初に日経平均株価が大台奪回を果たすなど、買い気を強めたあと、金曜日大勢判明のイギリス総選挙にSQ算出、木曜日のECB理事会、FBI長官の議会証言のイベント警戒で軟化。上値の重い展開となっていたと思います。

さらに、先週末の米国市場でハイテク株が急落、週明け月曜日には指数構成比率上位に調整が及び、ハイテク株安に見舞われる展開。それでも東証1騰落銘柄数に差はなく、ハイテクや外需関連から内需関連への資金シフトも働いていました。

米国ハイテク株安が継続、火曜日も指数構成比率上位は引き続き振るわなかったものの、内需系への資金シフトも働き、株価指数は膠着。水曜日には米国ハイテク株復調で直近調整のハイテク株を中心に見直し買いが先行。ただ、買いは続かず、イベント警戒の流れも強まり、売り直される展開に。

注目された米国金融政策イベント・FOMC政策声明では利上げ実施が伝わり、FRB議長会見では利上げ継続見通しを示すも過去に見られたように出尽くし気味の円高推移を確認。木曜日にはイベント通過が好感される場面があったものの、円高圧力は根強く、戻り売りに押される流れとなりました。

米国金融政策イベント後の円買い圧力が後退、円安推移で金曜日は買いが優勢。日経平均株価は大台2万円に乗せる場面が見られています。

さて、前回配信版では「まだ来週も金融政策イベント残る 打診売買や押し目買いに適した低売買単価銘柄を活用せよ!」と題していました。

先週に続いてイベントを睨んでの展開が予想されるなか、外部要因の変化を確認しながら、相場の先行きを探る状況に。大きな値幅を取るよりもまずは勝率を重視して、手掛け易い銘柄で利益確定を目指していくべく、少ない資金で回転売買が可能な「売買価格の低い銘柄」を投資対象に挙げていたと思います。

米国金融政策イベント直後の木曜日には、今週火曜日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「20万円以下で買える株!」の提供銘柄・Hamee<3134>がわずか2営業日で目標株価を達成。配信から実質2営業日での返金条件クリアを果たしました。

同社株は配信翌営業日となる水曜日引け後に4月期本決算を発表し、利益倍増の好業績、さらに連続最高業績更新見通し、連続増配と申し分ない好決算を開示。当日の東証1部値上がり率トップとなるなど、地合いを問わず人気化しており、低売買単価銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、来週も引き続き相場方向性を探る流れとなりそう。イベント確認後の為替相場も安定感を欠いており、一喜一憂する展開が予想されます。

このまま指数膠着が続けば、小型の材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう。ただ、資金循環は早く、リスクを限定して取り組みたいところで、大化け期待が高く、打診売買向きの銘柄を狙ってみてください。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望