注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「セイコーエプソン<6724>、リミックスポイント<3825>、芦森工業<3526>」

セイコーエプソン<6724> 2,455円 前日比+104円(+4.42%)

大幅続伸。有価証券法書の提出が遅れている東芝<6502>が東証1部から2部に変更した場合、日経平均株価構成銘柄からの除外が予想されるため、日経平均株価採用の入れ替え候補として同社株への先回り買いが働いているようだ。対してメモリー事業売却報道が交錯している東芝<6502>も堅調展開を見せている。

リミックスポイント<3825> 1,670円 前日比+220円(+15.17%)

活況高。仮想通貨関連の一角として短期資金が集中、年初来高値更新とともに買いが買いを呼ぶ展開となっている。全市場の売買代金上位に進出。バイオ関連のアンジェスMG<4563>、ジーエヌアイグループ<2160>なども短期資金流入が確認された。

芦森工業<3526> 269円 前日比+65円(+31.86%)

急伸。エアバッグの大規模リコール問題で経営不振のタカタ<7312>が来週にも民事再生法の適用を申請するとの観測報道が伝わり、ストップ安まで売り込まれたことで、エアバッグを手掛ける同社株への資金シフトが働いている。エアバッグを手掛けるダイセル<4202>、カネミツ<7208>なども賑わっている。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-注目銘柄シューティング