明日の株新聞

明日の株新聞「東証1部からマザーズ市場への資金シフト継続 新高値更新銘柄の順張りで大きく利益を伸ばせ!」

外部要因に目立った変化はなく、売り買いが交錯した本日の株式相場ですが、株価指数は膠着感を強め、物色傾向でも中核銘柄はまちまちだった一方、値動きの軽い銘柄には短期資金が流入。前営業日に続いて小型株の活躍が目立っています。

日経平均株価は続落。小反発スタートから前営業日終値を挟んでのもみあいに終始しました。ローソク足は連続陰線、上値、下値とも切り下げています。

さて、前営業日配信版では「東証1部からマザーズ市場への資金シフトを確認 上場来高値更新銘柄で値幅取りが狙える!」と題していました。

前営業日は反落着地となっていた日経平均株価ですが、下値には押し目買いを誘う動きが見られていたこともあり、当欄でも「明日以降は5日移動平均線など下値支持線との位置関係も意識されそう」とも記していたと思います。

本日では続落したものの、5日移動平均線(20098円)が下支え。20日上伸からの窓埋めを目指す動きもあり、しばらくは水準探りの動きが続くのではないでしょうか。

前営業日にも東証1部株価指数は軟調だった半面、マザーズ指数は上昇していましたが、本日もマザーズ指数は続伸着地。中核銘柄から新興銘柄への資金シフトが継続しています。

前営業日後場寄り配信の「スポット銘柄」はマザーズ銘柄、前営業日には上場来高値更新からストップ高まで買われる場面も見られましたが、本日も続伸し連日で上場来高値を更新しました。

スポット銘柄は12銘柄連続でエントリー後に上場来高値を更新していますが、上値のフシのない「上場来高値更新銘柄」が狙い目となる見方に変更はありません。

さらに本日では、6月19日のインターネット会員A情報で買い推奨していたキングジム<7962>が目標株価を達成。同社株は東証1部所属ですが、2007年以来の高値奪回となるなど、高値奪回から新値追いを強める動きは「ボーナスステージ」となるかもしれません。

-明日の株新聞