来週の相場展望

来週の相場展望「相場はボーナスステージ入り! まとまった資金での積極的投資で資産倍増を目指すチャンス!」

今週の株式相場は、方向感を欠く動きとなっていた先週の流れから、週初に買い気を強めたあとは、再び売り買いが交錯する展開となっています。

日経平均株価は、先週末の19900円台から、月曜日には大台20000円を奪回。火曜日には20200円台まで水準を切り上げると、水曜日以降は20100円台での推移となりました。

先週には、米ハイテク株安、FOMC政策声明後の円高推移などが重しとなり、上値の重い展開となっていたと思います。

先週末の外部要因はさえなかったものの、月曜日には週明け早朝からの円安推移を好感した買いが主導。日経平均株価は大台奪回を果たし、幅広い銘柄に資金が向かいました。

さらなる外部要因進展とともに火曜日も買い優勢の展開、日経平均株価は高値20318円を付け、年初来高値更新を果たしています。

外部要因軟化とともに利益確定売りに押された水曜日の日経平均株価は4日ぶり反落。外部要因に目立った変化はなく、売り買いが交錯した木曜日も軟調展開となり、金曜日も冴えない展開となりました。

さて、前回配信版では「金融政策イベント消化も株価指数は水準探り続く ここは打診売買向きの銘柄で手堅く狙え!」と題していました。

木曜日には、月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたキングジム<7962>が目標株価を達成。100株単位株価3ケタと手掛けやすく、打診売買向きの銘柄だったのではないでしょうか。

金曜日には、今週水曜日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していた東亞合成<4045>が目標株価を達成。同社株も100株単位株価1,000円台の低売買単価銘柄でもあり、今週は打診売買向きの銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、日経平均株価が年初来高値形成から値固めの局面となっていますが、今は上昇トレンドの「押し目」とも判断できるだけに、米国金融政策イベントなどイベント確認とともに「新たな相場の方向性」が見えてくるなか、改めて「成長株投資に取り組むタイミング」として意識されるところ。

そこで来週は「将来有望な成長株」に注目してみてください。支給シーズンのボーナスなど、まとまった資金での積極的な売買で資産倍増を目指すチャンスが到来したと判断しても良いのではないでしょうか。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望