明日の株新聞

明日の株新聞「株価指数続伸もまだ上値は重い 上場来高値更新銘柄ならば新値追いの期待大!」

円安推移を手掛かりに買い優勢の展開となった本日の株式相場ですが、株価指数続伸も利益確定売りが上値の重しに。売買代金上位には材料株やテーマ株を中心とした短期資金循環が続いています。

日経平均株価は3日続伸。節目20200円台を回復してきました。前営業日から上値、下値とも切り上げてきています。

さて、前営業日配信版では「株価指数の水準探り続く 行き場を無くした短期資金が活躍銘柄に一極集中する流れに!」と題していました。

方向感を欠く流れの続いていた株価指数でしたが、前営業日には日経平均株価が上値、下値とも切り上げに転じる形に。昨晩以降の円安推移とともに本日では水準を切り上げてきています。

ただ、明日は6月期末の権利落ち。大引け前に緩んだあたりには利益確定売りも確認されており、まだ水準探りの動きが続く格好か。

売買代金上位でもコンテンツ関連や仮想通貨関連の一角が賑わう流れ。そこで当欄でも「新高値銘柄の活躍は地合いを問わずに見込まれる」とも記していました。

本日では、先週23日のインターネット会員A情報で買い推奨していた萩原工業<7856>が目標株価を達成。買い一巡後が伸び悩みましたが、新高値銘柄には順張り資金が向かっています。

さらに、本日前引け後に配信した「ベーシックプラン銘柄」も提供後の後場で上場来高値を更新する活躍。同社株は2014年1月以来の上場来高値更新となりますが、今後も高値奪回から新値追いを強める動きが期待されるところ。

先週提供の「スポット銘柄プラン」提供銘柄も上場来高値更新を果たし、提供時からの上昇率は3割超に。引き続き上値のフシのない「上場来高値更新銘柄」を手掛けていけば、大きく値幅を取ることもできるのではないでしょうか。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-明日の株新聞