来週の相場展望

来週の相場展望「日経平均株価の年初来高値更新ならず 打診売買向きの低売買単価銘柄で保守的なポジション構築を!」

今週の株式相場は、売り買いが交錯する展開となっていた先週の流れから、月曜日。火曜日と買い気を強めたあと、水曜日に売り直される動き。木曜日には再び買い直されたあと、金曜日は大幅調整を余儀なくされており、一喜一憂する展開となっています。

日経平均株価は、先週末の20100円台から、月曜日も20100円台を固める動き。火曜日に20200円台に乗せたあと、水曜日には20100円台まで水準を切り下げる動き。木曜日には20200円台まで買い直されたあと、金曜日には大台攻防が確認されるなど、水準を切り下げてきました。

先週には、外部要因進展とともに日経平均株価が年初来高値を更新したあと、利益確定売りと押し目買いが交錯する流れとなっていたと思います。

週明けも外部要因に変化なく、新規材料性にも乏しいなか、月曜日も売り買いが交錯。ただ、火曜日には円安推移を手掛かりに買い優勢の展開となり、日経平均株価は20200円台を回復しました。

ただ、水曜日には米国株安とともに利益確定売り圧力が強まり、日経平均株価は4日ぶり反落。6月期末の権利落ちによる配当修正売りが押し下げ要因となりましたが、それでも木曜日には米国株反発とともに見直し買いを集めて切り返す動きに。

しかし、米国株大幅安で折り返した金曜日にはほぼ全面安商状。日経平均株価は一時大台2万円割れも確認されています。

さて、前回配信版では「相場はボーナスステージ入り! まとまった資金での積極的投資で資産倍増を目指すチャンス!」と題していました。

火曜日には、先週金曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた萩原工業<7856>が目標株価を達成。買い一巡後が伸び悩みましたが、新高値銘柄には順張り資金流入が確認されています。

さらに、火曜日前引け後に配信した「ベーシックプラン銘柄」も提供後の後場で上場来高値を更新。同社株は2014年1月以来の上場来高値更新となりましたが、神経質な相場環境のなか順張り視点で利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

ただ、金曜日の調整で投資家心理もやや弱気に。目先は株価指数の下値を探っていく局面となりますが、日々の変動に一喜一憂せず、落ち着いて下値水準を拾っていきたいところ。

そこで来週は「手掛けやすい低売買単価銘柄」に注目してみてください。指数調整が続けば、小型の材料株やテーマ株、IPOなど需給妙味の強い銘柄への資金シフトが期待できそう。ただ、資金循環は早く、リスクを限定して取り組みたいところで、大化け期待が高く、打診売買向きの低売買単価銘柄の取引メリットを意識してみてください。

今週も水曜日には、先週火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたトランザクション<7818>が電子タバコ関連のテーマ人気で上場来高値を更新する活躍。テーマ性を備える銘柄などでは、少量のポジションから構築できる低売買単価銘柄をマークしていきましょう。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望