明日の株新聞

明日の株新聞「日経平均株価の大台20,000円攻防が続く 先導株の新値追いで利益を伸ばせ!」

FOMC議事録確認後のドル円が重く、軟調展開を余儀なくされた本日の株式相場ですが、株価指数の大台攻防は継続。ただ、中核銘柄の買い気は鈍く、物色も決算銘柄などに偏っています。

日経平均株価は反落。終値で大台20,000円、25日移動平均線(20052円)を割り込んできました。ローソク足も陰線転換となっています。

さて、前営業日配信版では「地政学的リスクに対する警戒感和らぎ見直し誘う 先導株の短期売買で難地合いを乗り切れ!」と題していました。

前営業日に続いて大台、25日移動平均線攻防が継続。終値では同レベルを割り込んできましたが、下値は切り上げる動き。当欄でも「明日も水準探りの動きとなるのではないでしょうか」と指摘していたように、水準探りの動きが続いています。

ドル円同様に上値の重さから、買い気は鈍いものの、大台意識の高さから明日も大台攻防が続きそう。米雇用統計を控える米国市場の反応もポイントとなりそう。

そこで、水準探りの地合いを踏まえ、少量のポジションから構築できる低売買単価銘柄や保有期間を限定した短期売買が有効な局面との判断で「地合いを問わず資金を惹きつける先導株」を取引対象に挙げていました。

本日では、先月13日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「20万円以下で買える株!」の提供銘柄・アドテックプラズマテクノロジー<6668>が目標株価を達成。配信から実質17営業日で3銘柄目の目標株価達成となっています。

同社株も20万円以下で取引可能な手掛けやすい銘柄。年初来高値更新とともに上値追いを強めており、少量のポジションから構築できる低売買単価銘柄を中心に取り組むスタンスに変更はありません。

前営業日後場寄り配信のスポット銘柄プラン提供銘柄も連日の上場来高値更新。提供時からの上昇率は2割超と資金集中が確認されており、やはり今は相場を牽引する先導株が狙い目となるでしょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-明日の株新聞