来週の相場展望

来週の相場展望「地政学的リスクこなし日経平均株価は大台攻防 夏相場の先導株を選び抜け!」

今週の株式相場は、全面安となった先週金曜日の流れから、週明け月曜日には一旦見直されたものの、火曜日は買い先行から軟化。水曜日も軟調展開から見直されるも木曜日には軟化し、金曜日も売り優勢となるなど、全般さえない展開となっています。

日経平均株価は、先週末の20000円台から、月曜日には大台を固める動き。火曜日は20200円に迫り、水曜日には19800円台から大台を挟んだ値動き。木曜日に終値で大台を割り込むと、金曜日も19900円台での推移となりました。

先週には、日経平均株価の年初来高値圏での推移から、権利落ちや米国株安の影響で上値の重い展開となっていたと思います。

月替わりとなった週明け月曜日には、米国株が下げ止まり、見直し買いを集めるも先週同様に株価指数の戻りは限定的。火曜日には、外部要因進展を好感した買いが先行したあと、北朝鮮のミサイル発射報道、重大報道観測とともに地政学的リスクが高まり、急速に売り直されました。

米独立記念日での北朝鮮のICBM実験成功、米国務長官の発言、米韓のミサイル発射と続く地政学的リスクの高まりが水曜日も売り材料視されたものの、警戒感の和らいだ後場から見直し買いで持ち直す動きに。

ただ、FOMC議事録確認後のドル円が重く、軟調展開を余儀なくされた木曜日も日経平均株価の大台攻防は継続。米国株安で折り返した金曜日は売りが先行したものの、日経平均株価は下げ渋る動きとなっています。

さて、前回配信版では「日経平均株価の年初来高値更新ならず 打診売買向きの低売買単価銘柄で保守的なポジション構築を!」と題していました。

「少量のポジションから構築できる低売買単価銘柄」向きの相場展開を想定していましたが、月曜日には先月13日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「20万円以下で買える株!」の提供銘柄・スーパーバリュー<3094>が目標株価を達成しています。

同社株は100株単位で株価は1,400円台の低売買単価銘柄。木曜日も先月13日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「20万円以下で買える株!」の提供銘柄・アドテックプラズマテクノロジー<6668>が目標株価を達成。同社株も20万円以下で取引可能で、今週は少量のポジションから構築できる低売買単価銘柄を手掛けて利益を上げられた方も多かったのではないでしょうか。

さて、今晩の米国市場では重要指標・米雇用統計を控えているうえ、来週には米国で決算発表シーズンがスタート。さらに金曜日にはSQ算出、再来週の月曜日が海の日の祝日休場となることから、週末も3連休となり、全体相場の方向性を窺う流れとなるのではないでしょうか。

そこで来週は「株価指数の水準」に注目してみてください。とくに日経平均株価を原資産とする日経平均オプションのSQ算出を金曜日に控え、相場のターニングポイントとなる可能性もあるほか、今週に攻防の見られた大台20,000円との位置関係が注目されます。

このまま株価指数が水準をキープし、さらなる上値を追う展開ともなれば、相場を牽引する「先導株」の出番となりそう。株価指数の位置関係を探りつつ、じっくりと先導株を見極めていきたいところ。

また、今週水曜日後場寄り配信のスポット銘柄プラン提供銘柄は提供後の後場でストップ高まで上昇。さらに木曜日、金曜日と連日で上場来高値を更新する活躍を見せており、先導株には地合いを問わず資金を惹きつける魅力もあります。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-来週の相場展望