注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「キヤノン<7751>、セブン&アイ<3382>、リミックスポイント<3825>」

キヤノン<7751> 3,652円 前日比-143円(-3.77%)

大幅続落。欧州委員会の反トラスト当局がEUの定めた買収・合併規則に違反したとして、同社に異議告知書を送付、全世界年間売上高の最大10%の制裁金を求められる可能性があり、先行き懸念の売りに押されている。同様に米GEも制裁金懸念で売り込まれており、制裁金発生が現実味を帯びたようだ。

セブン&アイ<3382> 4,560円 前日比-66円(-1.43%)

反落。前営業日引け後発表の第1四半期決算で増益着地を果たしたものの、市場予想には届かず、出尽くし売りに押されているようだ。前営業日にはコンビニ大手のローソン<2651>も決算売りに押されており、見切り売りも出ている。決算銘柄ではサカタのタネ<1377>、乃村工藝社<9716>なども売られた。

リミックスポイント<3825> 1,218円 前日比+95円(+8.46%)

反発。マザーズ上場後10年経過に伴う市場変更で、東証2部への市場変更を申請すると発表しており、ステージ変更による見直しが働いているようだ。仮想通貨関連の一角で短期資金が流入。売買代金上位ではコンテンツ関連のKLab<3656>なども賑わっている。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-注目銘柄シューティング