注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「東芝<6502>、武田薬品<4502>、ソウルドアウト<6553>」

東芝<6502> 275.8円 前日比+44.2円(+19.08%)

急反発。優先交渉先の韓国SKハイニックスが融資での参画に応じる意向を示したほか、米著名投資家のアインホーン氏が率いる米ヘッジファンド「グリーンライトキャピタル」が同社株を買い増したことも買い材料視されている。難地合いのなか材料性に着目した短期資金を集めているようだ。

武田薬品<4502> 5,763円 前日比+82円(+1.44%)

反発。米子会社が多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」の特許を巡り、ノバルティスのジェネリック部門を相手に起こしていた訴訟で、米連邦特別行政高裁が特許を無効とした連邦地裁の判断を破棄したと伝わり、見直し買いを集めているようだ。材料性では決算評価のグノシー<6047>も買われた。

ソウルドアウト<6553> 2,911円 前日比+198円(+7.30%)

活況高。値動きの軽いIPOとして短期資金が集中している。前営業日に続いて全市場の売買代金上位に進出しており、全員参加型の人気銘柄ともなった。一方、コンテンツ関連で人気化していたKLab<3656>は利益確定売りに押されている。

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング