来週の相場展望

来週の相場展望「来週も決算発表シーズン続く! 決算保有リスク考慮なら低売買単価銘柄も狙い目に!」

今週の株式相場は、売り買いが交錯していた先週の流れから、月曜日に売り込まれると火曜日に下げ止まり、水曜日は持ち直しの動き。ただ、木曜日も買いは続かず、金曜日に売り直されるなど、全般さえない展開となっています。

日経平均株価は、先週末の20000円台から、月曜日に大台20000円割れ。火曜日は19900円台を固めると、水曜日は大台20000円奪回を果たしたものの、木曜日は20100円台を固められず、金曜日には再び大台20000円攻防が確認されました。

先週は、米利上げペース鈍化への見方が強まり、円高が重しとなったものの、日銀の景気判断上方修正、日欧金融政策消化とともに見直されるなど、方向感を欠く展開となっていたと思います。

先週末の米国でスパイサー報道官が辞任、ロシアゲート問題を受けて米政権先行き懸念でリスク回避の流れが強まり、週明け月曜日は売り優勢の展開に。外部要因の落ち着きとともに火曜日には見直し買いが先行するも戻り売りが重しとなりました。

ただ、外部要因進展とともに水曜日は見直される展開。ただ、株価指数は伸び悩むなど、決算銘柄の反応が確認されており、企業業績など個別材料重視の流れに。

FOMC政策声明後の円高推移で軟調な立ち上がりとなったものの、押し目買いで切り返した木曜日もまだ上値は重く、金曜日も外部要因軟化とともに弱含むなど、買い気の鈍い状況が続いています。

さて、前回配信版では「いよいよ決算シーズンが本格化! 決算発表の先回り買いで利益を上げるチャンスも到来!」と題していました。

決算銘柄の狙い方として「好決算が期待される銘柄の決算発表日を予め調べておき、先回りして仕込んでおくのが基本方針」とし、決算先回り買い戦略を推していたと思います。

月曜日には、先週水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日本電技<1723>が目標株価を達成。決算期待の買いを集めて上場来高値を更新しました。

さらに、先週金曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた信越ポリマー<7970>も目標株価を達成。当日発表予定の決算に対する期待感から買いを集めており、決算先回り買いが奏功しています。

火曜日には、先々週火曜日前引け後配信のベーシックプランで買い推奨していたGMOクラウド<3788>が目標株価を達成。レオス・キャピタルワークスの大量保有が刺激となり、大きく水準を切り上げてきました。

同社株は来月にも第2四半期決算発表を予定、報告発生義務日は14日となっており、投資会社も企業決算を意識したポジションを構築していることが分かるのではないでしょうか。

水曜日では、先週木曜日のインターネット会員B情報で買い推奨をしていた信越化学<4063>が目標株価を達成。月曜日の子会社・信越ポリマー<7970>の目標株価達成に続き、同社株も決算前のエントリーから決算評価による上昇スタートを捉えており、決算先回り買いが的中しています。

さらに、今週月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたMARUWA<5344>も目標株価を達成。同社株は決算評価でストップ高比例配分まで買い進まれるなど、決算先回り買いが奏功した形に。会員A情報では東宝<9602>、安川情報システム<2354>、日本電技<1723>、KIMOTO<7908>、信越ポリマー<7970>に続いて6銘柄連続の決算発表を逆算したエントリーが報われました。

また、先々週火曜日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「サマーラリーの先導株!」の注目銘柄・レーザーテック<6920>が目標株価を達成。同レポートではラクス<3923>、メタップス<6172>に続く目標株価達成となりますが、同社株についても来月7日発表の決算期待が手掛かりとなったのではないでしょうか。

金曜日には、水曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたシステナ<2317>が目標株価を達成。木曜日のエントリー、引け後発表の決算を評価した買いを集めて人気化、決算先回り買いが的中。まさに決算発表前に仕掛ける「決算先回り買い戦略」に適した投資対象だったのではないでしょうか。

さて、来週も3月期決算企業の第1四半期(4-6月)決算が続きます。市場参加者の関心も引き続き企業決算に集まり、決算内容を評価した売買が進むことが予想されることから、来週は「決算発表後の値動き」に注目してください。

開示情報で明らかとなった業績変化率の高い銘柄や第2四半期予想、通期業績予想に対する進捗状況が良好な銘柄などは、決算開示直後から評価を集める期待があります。

ただ、期待感を先回りして上昇していた銘柄などは利益確定売りに押される場面も予想されることから、好決算銘柄の短期売買を手掛けるならば、必ず事前の株価推移を確認するようにしましょう。また、リスク軽減のために低売買単価銘柄を手掛けるのも有利に働くでしょう。

記事下広告(ウォッチリスト)

大化け銘柄ウオッチリスト

-来週の相場展望