注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「三井住友FG<8316>、スタートトゥデイ<3092>、ピクセラ<6731>」

三井住友FG<8316> 4,293円 前日比+98円(+2.34%)

急伸。前営業日引け後発表の第1四半期決算が大幅増益となり、市場予想超過を好感した買いを集めている。金融関連ではオリックス<8591>も決算評価で買い進まれており、メガバンクの三菱UFJFG<8306>なども買われた。金融関連物色が相場を下支えしている。

スタートトゥデイ<3092> 3,395円 前日比+280円(+8.99%)

大幅高。前営業日引け後に発表した第1四半期決算が増益着地となり、JPモルガン証券が投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエイト」に引き上げたことも支援材料となったようだ。増額の日本航空<9201>、決算銘柄では日東電工<6988>、ハウス食品<2810>、ココカラファイン<3098>なども買われた。

ピクセラ<6731> 317円 前日比+52円(+19.62%)

活況高。IOTプラットフォーム開発の受注契約締結で人気化、テーマ資金流入で全市場の売買代金上位にも進出している。一方、コンテンツ関連のアエリア<3758>、KLab<3656>、アカツキ<3932>、バイオ関連のアンジェス<4563>などが売られるなど、資金シフトも働いたようだ。

個別銘柄に関する質問はこちら!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング