注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「日経ダブルインバース<1357>、アカツキ<3932>、リクルートホールディングス<6098>」

日経ダブルインバース<1357> 1,810円 前日比+35円(+1.97%)

上伸。日経平均株価が5月以来の安値圏まで水準を切り下げるなか、インバース型ETFの同社株にヘッジ目的の資金流入が確認されている。メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>、日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンク<9984>なども総じて売られた。

アカツキ<3932> 10,730円 前日比+1,010円(+10.39%)

急伸。前営業日引け後発表の第1四半期決算が大幅増収益となり、決算評価の買いを集めているほか、外部要因の影響を受けにくいコンテンツ関連の一角として短期資金流入も確認された。全市場の売買代金上位にも進出、コンテンツ関連ではアエリア<3758>、ネクソン<3659>なども賑わっている。

リクルートホールディングス<6098> 2,022円 前日比+91円(+4.71%)

大幅続伸。前営業日引け後発表の第1四半期決算が2ケタ増収益となり、決算評価の買いを集めている。決算銘柄ではコスモエネルギーホールディングス<5021>、アイフル<8515>なども賑わった。

個別銘柄に関する質問はこちら!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング