注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「日経レバレッジETF<1570>、アエリア<3758>、富士フイルムホールディングス<4901>」

日経レバレッジETF<1570> 15,530円 前日比+350円(+2.31%)

急反発。地政学的リスク後退とともに前営業日売り込まれた日経平均株価が急速に買い直されており、レバレッジ型ETFの同銘柄にも買い戻しの動きが確認されている。メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>、日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンク<9984>なども総じて戻してきた。

アエリア<3758> 2,430円 前日比-163円(-6.29%)

反落。前営業日後場発表の上方修正で人気化していたものの、相場の落ち着きとともに中核銘柄への資金還流も確認されており、利益確定売りに押されている。コンテンツ関連では前営業日に賑わっていたアカツキ<3932>も軟調だった半面、KLab<3656>、ネクソン<3659>などは物色が継続した。

富士フイルムホールディングス<4901> 4,245円 前日比+303円(+7.69%)

大幅高。前営業日引け後発表の第1四半期決算が大幅増益となり、決算評価の買いを集めている。決算評価銘柄では格上げのホシデン<6804>、目標株価引き上げのセイコーエプソン<6724>なども賑わった。

個別銘柄に関する質問はこちら!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

-注目銘柄シューティング