注目銘柄シューティング

注目銘柄シューティング「西武ホールディングス<9024>、アエリア<3758>、新日本理化<4406>」

西武ホールディングス<9024> 1,984円 前日比+80円(+4.20%)

急伸。米投資ファンドのサーベラス・グループが保有する発行済株式総数の2%程度の全株式を売却したと発表しており、潜在的な需給悪化懸念後退が買い材料視された。また、経営の自由度も高まる見通しで、全市場の売買代金上位にも進出するなど、先行き期待も高まったようだ。

アエリア<3758> 2,654円 前日比+74円(+2.87%)

続伸。連日で全市場の売買代金上位に進出している。増額修正実施以降、下値切り上げが続いており、コンテンツ関連のテーマ資金流入も確認されているようだ。コンテンツ関連ではサイバーステップ<3810>、フィンテック関連のインフォテリア<3853>、バイオ関連のアンジェス<4563>が賑わった半面、前営業日に賑わっていたKLab<3656>は売られている。

新日本理化<4406> 305円 前日比+47円(+18.22%)

大幅高。仕手系色の強い材料株として認識されており、全市場の売買代金上位に進出するなど、全員参加型の人気銘柄ともなっている。実態面でも上方修正を明らかにするなど、改善が明らかとなっており、上値も軽くなっているようだ。

個別銘柄に関する質問はこちら!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-注目銘柄シューティング