来週の相場展望

来週の相場展望「イベント警戒で相場の方向感待ち リスク限定の打診売買戦略を!」

今週の株式相場は、調整色を強めた先週の流れを引き継ぎ、週明け月曜日も軟調展開に。火曜日も振るわず、水曜日には見直されたものの、木曜日は再び軟化。金曜日も見直しは限られており、全般さえない展開となっています。

日経平均株価は、先週末の19400円台から、月曜日には19400円割れ。火曜日には19400円を挟んだ値動き。水曜日には19400円台に乗り直したものの、木曜日には再度19400円を割り込む動き。金曜日も19400円台攻防が確認されており、水準探りが続きました。

先週には、米政権への支持低下で政策進展期待が後退したほか、FOMC議事録確認後のドル円軟化。バルセロナのテロ発生でリスク回避の動きが強まり、調整色を強めていたと思います。

先週末には米国では物議を醸していたスティーブ・バノン首席戦略官の退任を手掛かりに物色を集めたものの、米韓軍事演習で地政学的リスク警戒の流れもあり、週明け月曜日の日経平均株価は4日続落を余儀なくされました。

その後も外部要因に進展なく、火曜日は売り買いが交錯し、日経平均株価は5日続落。米国株高、円安推移で折り返し、直近調整からの見直し買いが先行した水曜日の日経平均株価は6日ぶりの反発。ただ、ドル円軟化とともに5日移動平均線攻防をこなせず、伸び悩む動きに。

木曜日には「国境の壁」建設に絡んだトランプ大統領の政府閉鎖示唆発言を嫌気した売りが主導。日経平均株価は水曜日の上昇分を帳消しに。金融政策イベントを控えて買い気も鈍っており、金曜日の日経平均株価は反発するも上値の重い展開となっています。

さて、前回配信版では「外部要因悪化を切っ掛けに相場も軟調 低売買単価銘柄で立て直せ!」と題していました。

不安定な外部要因のもと、戻り売りで上値も重くなっており、打診買いで相場方向性を見極めるスタンスを紹介していたと思います。

火曜日には、先週月曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたティラド<7236>が目標株価を達成。好業績観測報道を手掛かりに年初来高値を更新しましたが、物色集中の新高値銘柄の順張りが奏功しました。

さて、来週も相場の先行きが注目される状況ですが、まだ戻り売りと押し目買いが交錯している現時点では、相場の方向性は見極めにくいものの、新たな相場の方向性に付けるよう「打診買い」の準備を整えておきたいところ。

そこで来週は「売買価格の低い好業績株」に注目しつつ、相場の流れに合わせた「打診売買」を手掛けてみてください。

「売買価格が低い」ということは小資金で手掛けられることから、相場が下落した場合の損失リスクも限定されます。重要イベントに絡んで相場の方向性が見極めにくい局面では「ハイリスク・ハイリターン」を目指すよりも、まずは「ローリスク・ローリターン」を意識してみてください。

まずは、手掛けやすい売買単価の低い銘柄で打診売買を手掛けておき、相場の方向性が明らかとなり、その流れに合わせてポジションを積み増していけば、ローリスクを切っ掛けとしてハイリターンも目指せるのではないでしょうか。

今週も金曜日には、火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた石原産業<4028>が目標株価を達成。同社株も100株単位株価1,400円台と「20万円以下で買える株」で手掛けやすい面もありました。

打診売買に対する具体的な「銘柄選別」のポイントは、厳選5銘柄付き緊急市況分析レポート「20万円以下で買える優良小型株!」で提供します。ぜひ、参考にしてみてください。

記事下広告(レポート)

バブル相場で狙えるハイリターン期待株!《厳選5銘柄付き市況分析レポート》

-来週の相場展望