明日の株新聞

明日の株新聞「北朝鮮情勢に対しては耐性高まる 来週は金融政策を睨んだ展開に」

早朝の北朝鮮ミサイル実験による地政学的リスクの高まりも前営業日に実施可能性が報じられていたこともあり、前場で消化するなど、底堅さが改めて感じられた本日の株式相場ですが、週末三連休の日程面を考慮すると「持たざるリスク」を懸念したリスクテイクの動きも働いているのではないでしょうか。

日経平均株価は反発。攻防の見られていた75日移動平均線(19868円)、節目19900円に乗り直してきました。ローソク足も陽線転換、前営業日高値を上回る場面も確認されています。

さて、前営業日配信版では「リスク回避の巻き戻し一服に再度地政学的リスクを意識 明日は手仕舞い働くか?」と題していました。

日経平均株価3日続伸後の前営業日には利益確定売りが重しとなったほか、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は国連安全保障理事会の制裁決議を非難する報道官声明で「米国の制裁に便乗した日本を核爆弾で沈める」と伝え、米一部報道でICBM実験可能性が伝えられると地政学的リスクが高まり、後場では水準を切り下げる動きとなっていたと思います。

続く本日早朝でも北朝鮮のミサイル実験が伝わり、北海道上空を通過しJアラートが作動するなど、地政学的リスクの高まったものの、前述したように前営業日後場で調整が先行していたことから、売りが先行したあとは見直される展開となりました。

むしろ本日段階でミサイル実験が行われたことで、週末三連休中の実験可能性が後退。後場で株価指数が上値を伸ばしたあたりには、休場中の外部要因進展を警戒した「持たざるリスク」が高まった結果かもしれません。

さて、市場心理好転が確認されていますが、本日では今週13日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していたトーカロ<3433>が目標株価を達成。上値追いを強めてきました。

ただ、来週には20日の米国時間帯で伝わるFOMC政策声明を経て、21日午後にも日銀金融政策決定会合の政策声明が伝わるため、金融政策を睨んだ展開ともなりそう。地政学的リスクは和らいでいるものの、為替変動リスクは残っている状況でしょうか。

そこで、当欄でもポジション調整のしやすい低売買単価銘柄を取引対象に挙げていましたが、為替変動による相場急変に備える意味でも少量の資金で取り組める低売買単価銘柄の打診売買が有利に働くでしょう。

───────────────────────────────────
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
       【限定販売!】購入予定の方はお急ぎください!
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    8月1日引け後に配信した
    ◆ 『大化け銘柄ウォッチリスト』8月1日配信版 ◆
         8月31日終値ではどうなったか?

  【トップピック銘柄】  いずれも単元株数:100株
★ソリトンシステムズ<3040> 配信翌営業日始値996円 31日終値1,195円
★クロスプラス<3320> 配信翌営業日始値984円 31日終値1,295円
★イーレックス<9517> 配信翌営業日始値1,060円 31日終値1,049円
★ホクリョウ<1384> 配信翌営業日始値1,015円 31日終値941円

配信翌営業日始値でのトップピック4銘柄の投資合計評価額
405,500円
31日終値でのトップピック4銘柄の合計評価額
448,000円 配信翌営業日始値比+42,500円(配信翌営業日始値比+10.48%)
(売買手数料、税金等は考慮しません)

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   1カ月で合計評価額42,500円! 抜群の安定感&的中率!
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     少量の資金、リスク限定で取り組める人気企画登場!
 ●銘柄選び不要●取引技術も不要●トップピック4銘柄を確認するだけ!
   ◆ 『大化け銘柄ウォッチリスト』来週配信版販売中! ◆

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3231

  ※ 販売期間は「9月19日(火)15時」まで! 購入はお早めに!
  購入は先着30名限定! ※30名に達した段階で購入を締め切ります※

 ■既存の助言会員でも『大化け銘柄ウォッチリスト』は完全非公開!■
  ■『大化け銘柄ウォッチリスト』は購入者だけの限定情報です!■
  (既存会員の方も情報希望者には必ず購入していただいています!)

  過去6回とも販売期限前での早期販売終了となりました!購入はお早めに!
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

-明日の株新聞