明日の株新聞

明日の株新聞「選挙相場入りで指数も持ち直す! 好地合いのなか株価倍化期待銘柄を絞り込め!」

外部要因改善による見直し買いや衆院解散による政策進展期待の高まりもあり、堅調展開を見せた本日の株式相場ですが、前営業日につづいて材料性やテーマ性に基づく資金循環も支援材料となっています。

日経平均株価は3営業日ぶりの反発。5日移動平均線(20330円)に乗り直してきました。ただ、高値は節目20400円手前で足踏み状態となっています。

さて、前営業日配信版では「権利落ちの配当修正売りで指数続落 テーマ人気で大化け銘柄が続々登場!」と題していました。

前営業日は9月末の配当権利落ちによる修正売りが主導。ただ、当欄でも「日経平均株価で130円程度の配当修正分を踏まえると実質上昇とも判断できるのではないでしょうか」としていたように底堅さも確認されていたと思います。

米国ではトランプ政権の税制改革案が年内にも法制化されるとの観測で株高、国債利回り上昇でドルが強含み。外部要因改善で折り返したことで見直し買いが先行、さらに昼休みに臨時国会で衆院解散を伝え、選挙相場入りが意識されるなか、政策期待も加わって堅調展開となりました。

物色傾向でも政策関連など選挙相場入りを感じさせる展開。前営業日の「人気株の上値目標株価」で紹介していた3銘柄が揃って目標株価達成を果たすなど、テーマ物色が確認されています。

当欄でも継続紹介していた量子コンピュータ関連のYKT<2693>、上場来高値更新のクロップス<9428>、セキュリティソフト「AppGuard」関連人気でPCIホールディングス<3918>なども賑わっています。

さらに、先々週12日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「急騰期待株のハイリターン投資で大きく儲けろ!」提供銘柄・Oakキャピタル<3113>、フェニックスバイオ<6190>が目標株価を達成。配信から実質11営業日での返金条件クリアを果たしました。

また、26日のインターネット会員B情報で買い推奨していたオールアバウト<2454>が後場で目標株価を達成。同社株は選挙関連の側面もあり、衆院解散が物色の契機となるなど、選挙関連や政策関連のテーマ株を絞り込めば「株価倍化」も十分目指せる相場環境と言えるでしょう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

    2008年10月設立のグロースアドバイザーズは、
               2017年10月に設立9周年を迎えます。

   節目となる設立9周年を迎える今回の「スポット銘柄プラン」は、
         弊社リサーチ能力の【全力】を開放!

   まさに『集大成』となる銘柄情報を提供させていただきます!
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  さらに設立9周年記念・特別情報料で公開! お見逃しなく!

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3261

 リサーチ能力の【全力を開放】昨年の結果はリンク先で確かめてください!

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-明日の株新聞