来週の相場展望

来週の相場展望「選挙相場入りで日経平均株価も新値追い 政策&選挙関連の活躍銘柄を導き出せ!」

今週の株式相場は、上げ一服感の見られた先週の流れから、月曜日、火曜日と再び買い進まれる展開。水曜日、木曜日に売り買いが交錯したあと、金曜日には再度買い優勢の展開となるなど、上値志向を強めてきています。

日経平均株価は、先週末の20300円台から、月曜日に20400円台乗せで年初来高値を更新。火曜日には20600円台に乗せると、水曜日、木曜日に20600円台を挟んでのもみあいに。金曜日には20700円台乗せで年初来高値を更新するなど、水準を切り上げてきました。

先週には、地政学的リスク後退や米国税制改革期待が下支えしたものの、9月末の配当落ちや先月半ばの相場浮上からの利益確定売りが重しに。方向感を欠く展開となっていたと思います。

週明け月曜日には、外部要因に目立った変化はなく、日銀短観の予想超過が買い材料視される展開。ISM製造業総合景況指数が13年ぶりの高水準となり、税制改革実現期待の高まりで米国株高が伝わると火曜日も買い進まれる展開となりました。

日経平均株価は大幅続伸。年初来高値を奪回し、2015年以来となる節目20600円台を回復する展開に。水曜日も連日の年初来高値更新となるも利益確定売りが重し。木曜日の日経平均株価は4日続伸も前営業日値幅内でのもみあい、方向感を欠く動きとなりました。

主要指数が過去最高値を更新した米国株高を受けて金曜日も買い優勢の展開。日経平均株価は節目20700円乗せ、年初来高値を更新したものの、重要経済指標・米雇用統計の発表があり、来週10日の朝鮮労働党創建記念日を前に地政学的リスクに備える意味で週末三連休中の軍事行動を警戒したポジション調整で伸び悩む動きとなっています。

さて、前回配信版では「選挙相場入りで好パフォーマンス銘柄が続々登場! 綿密な分析でストップ高銘柄も出現!」と題していました。

月曜日では、先週火曜日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「バブル相場で狙えるハイリターン期待株!」提供銘柄・ネクステージ<3186>が目標株価を達成。配信から実質4営業日での返金条件クリアを果たしています。

同社株は先週金曜日引け後に上方修正を明らかにするなど、実態面は絶好調。昨年安値224円から、すでに株価9.9倍高を記録するなど、まさしく株価倍化期待銘柄だったのではないでしょうか。

火曜日には、先月20日前引け後配信の電話会員情報で買い推奨していた荏原実業<6328>が目標株価を達成。同社株も日経平均株価と同様に年初来高値更新の新高値銘柄、上値志向の高まりを追い風に受けています。

一方、不動産セクターなどの見直しも目立っていますが、先週金曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していた旅工房<6548>も目標株価を達成。調整著しい銘柄も出直りを試してきました。

さらに、先週火曜日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「バブル相場で狙えるハイリターン期待株!」提供銘柄では、ウィルグループ<6089>が目標株価を達成、ネクステージ<3186>に続いて、実質5営業日で2銘柄目の目標株価達成となっています。

ネクステージ<3186>も昨年安値224円から、株価10倍高となるテンバガーを記録するなど、株価倍化期待銘柄でしたが、ウィルグループ<6089>も昨年安値340円から、すでに株価4倍高を記録。2014年の上場来安値183円からの株価10倍高となるテンバガーも迫っており、まさしくバブル相場で狙えるハイリターン期待株だったのではないでしょうか。

水曜日には、火曜日のインターネット会員A情報で買い推奨していたエスプール<2471>も目標株価を達成。本日発表の決算期待とともに物色を集めるなど、幅広い銘柄に資金が向かっています。

また、金曜日には先月9月12日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「急騰期待株のハイリターン投資で大きく儲けろ!」の注目銘柄・ネクソン<3659>が目標株価を達成。実質17営業日で3銘柄目の目標株価達成となるなど、短期間に大きく株価水準を切り上げており、相場浮上を利益機会とした方も多かったのではないでしょうか。

さて、前述したように重要経済指標・米雇用統計や週末三連休、来週10日の朝鮮労働党創建記念日に絡んでイベント警戒の流れとなりそうですが、イベント結果に波乱がなければ上値志向も高まりそう。

足元でも選挙情勢を中心に一般報道が盛り上がりを見せていますが、政策関連や選挙関連のテーマ性が強まるのはこれから。新政権の政策テーマを改めてマークしておく局面でしょう。

選挙相場入りで投票日までのラリーが期待されるところですが、グロースアドバイザーズの「集大成」ともいえる設立9周年記念「スポット銘柄プラン」配信銘柄は、提供日の後場で早くもストップ高を記録。株価倍化を果たした他のスポット銘柄と同様の高スタートを切っており、今後も人気の中心銘柄となっていくのではないでしょうか。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

   「選挙相場は騰がる?」気になるアノマリーを完全解析!
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   リンク先のデータを確認するだけでも価値がありますよ!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3267

  そして、この「選挙相場」で狙える政策関連&選挙関連とは?

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  今回募集の「スポット銘柄プラン」は最高パフォーマンス期待株!
  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 昨年の参院選投開票直前配信「選挙相場スポット銘柄」はなんと「3倍」高!
          今年の提供銘柄も全力リサーチ!

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3267

 昨年の参院選相場の「スポット銘柄」結果もリンク先で確かめてください!

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-来週の相場展望