明日の株新聞

明日の株新聞「イベント通過後は選挙相場が本格化 政策関連、選挙関連のテーマ株をマーク」

米国株高を好感した買いや日経平均株価構成比率上位の活躍が目立った本日の株式相場ですが、日経平均株価は年初来高値更新も買いは続かず。伸び悩んだあたりには目先のイベントを警戒する流れも働いたのではないでしょうか。

日経平均株価は5日続伸。立ち上がりでは節目20700円に乗せ、年初来高値を更新しました。ただ、日中値幅は62円と膠着感を強めています。

さて、前営業日配信版では「イベント警戒が上値の重しに 次の仕掛け場はイベント通過後の11日か」と題していました。

ベースとしては選挙相場入りで上値志向が高まっており、米国株高とともに買い優勢の展開となりましたが、立ち上がりから上値は伸ばせず。やはり米雇用統計に週末三連休、来週10日の朝鮮労働党創建記念日のイベント考慮の手仕舞いが重しとなったのではないでしょうか。

ただ、個別材料株やテーマ株の資金循環は継続。売買代金上位でもニンテンドークラシックミニ発売の任天堂<7974>、部品供給のシライ電子工業<6658>、防衛関連の石川製作所<6208>、IPOのPKSHAテクノロジー<3993>、大阪油化工業<4124>などが賑わっています。

さらに、前営業日の「人気株の上値目標株価」で紹介していた双信電機<6938>、アイエックス・ナレッジ<9753>が上値目標株価を達成。材料株に短期資金が集中しました。

また、先月12日引け後に配信した『厳選5銘柄付き』市況分析レポート「急騰期待株のハイリターン投資で大きく儲けろ!」提供銘柄・ネクソン<3659>が目標株価を達成。配信からわずか実質11営業日で目標株価達成、返金条件クリアを果たしたOakキャピタル<3113>、フェニックスバイオ<6190>に続いて、実質17営業日で3銘柄目の目標株価達成となっています。

テーマ性や材料性に着目すれば、資金集中とともに活躍銘柄も浮上しやすい局面。週明けは米雇用統計、週末三連休中の外部要因の変化を織り込んだあと、朝鮮労働党創建記念日のイベントを消化した11日には先行きも見通しやすくなるだけに、政策関連や選挙関連などのテーマ銘柄をマークしていきましょう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 弊社リサーチ能力で昨年参院選相場スポット銘柄はなんと「3倍」高!
     衆院選を迎える今年は、 3倍高 も夢ではない!

まさに最高パフォーマンス期待株!となる銘柄情報を提供させていただきます!
   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  さらに設立9周年記念・特別情報料で公開! お見逃しなく!

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3267

-明日の株新聞