明日の株新聞

明日の株新聞「21年ぶりの高値到達の日経平均株価 2012年以来のラリー相場に思い切って乗れ!」

決算評価のファーストリテイリング<9983>人気や先物主導の買いを集め、好地合いの続いた本日の株式相場ですが、日経平均株価は9連騰で21年ぶりの節目21000円乗せを記録するなど、SQ算出日取引としては申し分ない内容に。改めてラリー相場の色彩を強めてきているのではないでしょうか。

記録的な上昇を見せる日経平均株価は9日続伸。本日も年初来高値を更新しました。節目21000円奪回で1996年11月以来の高値圏まで水準を切り上げてきています。

さて、前営業日配信版では「選挙ラリー相場本格化で株価指数の連騰も止まらず 活況相場の先導株候補は?」と題していました。

米国市場、ドル円相場とも振るわなかったものの、前述したようにファーストリテイリング<9983>の決算評価にSQ算出日取引の大商い。場中でのSQ概算値20957.62円、節目21000円突破とともに後場では先物主導の浮上が確認されています。

当欄では一貫して、衆院解散からのラリー相場入りを主張してきました。前営業日にも「次なる目標は大台21,000円」としまいたが、同水準はすぐさまクリア。SQ値取引の好内容とともに、上値志向も一段と高まるところでしょう。

目標となる1996年11月高値は21460円。22日投開票の衆院選ラリー相場から、もはや射程圏内ではないでしょうか。

来週18日には「中国共産党全国代表大会(党大会)」が予定されており、2012年後半からの上昇相場にも似た状況に。当時はおよそ2年半で日経平均株価は2倍高を記録、今回もイベント通過とともに中長期上昇トレンドを描いても不思議ではないでしょう。

本日では、6日のインターネット会員A情報で買い推奨していたダイユー・リックホールディングス<3546>が目標株価を達成。同社株は7月4日にも買い推奨、すでに2割高を超えてきており、新値追いを強めています。

また、前営業日の「人気株の上値目標株価」で紹介していたクロスキャット<2307>、昭和システムエンジニアリング<4752>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>も揃って上値目標株価を達成。上値の軽い材料株やテーマ株に短期資金が向かっており、相場浮上に乗る先導株を手掛けて投資収益を上げていきましょう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 
 来週は5年に1度の「中国共産党全国代表大会(党大会)」を開催!
  さらに、国内では「衆院選」。両イベントが重なるのは2012年以来!
       5年に1度の大ラリー相場の幕開けです!

      「5年に1度のラリー相場」で狙える銘柄とは?

    2012年11月から2015年6月まで日経平均株価は2倍高!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    2017年10月から2020年まで日経平均株価2倍高再演か?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3273

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     今回募集の「スポット銘柄プラン」は中国制圧株!
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-明日の株新聞