明日の株新聞

明日の株新聞「日経平均株価は17連騰ならず 決算シーズン入りで利食いも先回り買いが連続的中!」

米国株高とともに買い先行の立ち上がりとなった本日の株式相場ですが、買い一巡後は利益確定売りに押される展開。連騰記録更新の続いていた日経平均株価も17営業日ぶりの反落となり、利食いに押されています。

日経平均株価は17連騰ならず。それでも1996年7月以来の節目21900円に乗せる場面もあり、上値、下値ともに切り上げが続いています。

さて、前営業日配信版では「日経平均株価は16連騰の歴代最長更新! 個別では決算先回り買いが連続的中!」と題していました。

外部要因軟化も押し目買いで連騰記録を続けていた前営業日の日経平均株価ですが、外部要因進展で折り返してきた本日も記録更新が期待されるも後場から軟化。利益確定売りに押されています。

外部要因を問わない好調ぶりから、当欄でも「国内要因」と認識を紹介していましたが、さすがに過熱感も意識されるところ。さらに決算シーズン入りとともに個別志向の高まりも全体観からの資金シフトも働いた格好ではないでしょうか。

本日では、17日のインターネット会員B情報で買い推奨していた日立建機<6305>が目標株価を達成。キャタピラーの好決算や本日開示の決算期待の買いを集めており、決算先回り買いが的中しました。

インターネット会員B情報は、12日のインターネット会員B情報で買い推奨をしていたハブ<3030>に続いて2銘柄連続。さらに引け後には通期業績予想の上方修正を実施しており、期待通りの好決算が明らかとなっています。

また、20日のインターネット会員A情報で買い推奨していただいこう証券ビジネス<8692>も目標株価を達成。明日発表予定の決算期待の買いを集めて水準を切り上げてきました。

さらに、前営業日のインターネット会員A情報で買い推奨していた三社電機製作所<6882>も目標株価を達成。同社株も27日発表予定の決算を期待した買いを集めており、決算先回り買いが的中。前営業日にも「個別視点では好決算期待銘柄に決算発表を先回りした買いが入りつつある状況」とも指摘していましたが、この流れが一段と強まっていることが確認できるのではないでしょうか。

やはり決算開示数の増えてくる今後は「決算先回り買い戦略」が軸となるでしょう。銘柄アプローチ、戦略方針の準備を怠らないようにしてください。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
  推奨銘柄では、
  ●前営業日24日のインターネット会員A情報で買い推奨、
   三社電機製作所<6882>が目標株価を達成!
   27日発表予定の決算を期待した買いを集めて人気化、
   決算先回り買いが的中しています。

  推奨銘柄の目標株価達成を【速報】でお伝えしました!

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1243

◆「推奨銘柄」と「アドバイス」を1カ月間しっかりと提供する!

個人投資家にとって理想となる助言サービスとはどのようなものか。

「推奨銘柄の数」は重要なものではありませんでした。
「推奨銘柄」を多く与えられても一度に取り組める銘柄数には限りがあります。

また、投資における分散効果は重要なものですが、数多く手掛けた場合、
たとえ期待通りの株価変動が見られたとしても投資収益が伴いません。

さらに、売買タイミングや取引数量、保有期間も重要。
適切な売買タイミング、銘柄に応じた取引数量も投資収益のコントロールに欠
かせません。
長期パフォーマンスが見込めたとしても保有期間が長過ぎれば投資効率は悪く
なります。

そこで到達した結論が……

◆◆◆◆◆◆◆ 「推奨銘柄は一週間に1銘柄で十分」 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆ その推奨銘柄のアドバイスをしっかり行う ◆◆◆◆◆◆

【ベーシックプラン】の会員契約期間は【1カ月】。
およそ4銘柄前後の投資アドバイスが個人投資家にとっても理想的です。

 http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#BASIC

-明日の株新聞