明日の株新聞

明日の株新聞「決算先回り買いによる連続目標株価達成止まらず! 決算銘柄を狙え!」

米国株高、円安推移とともに買い気を強めた本日の株式相場ですが、中核銘柄の好決算も押し上げ要因となり、日経平均株価も年初来高値を更新。相次ぐ企業決算、イベント迫るなかでも上値追いを強めてきています。

日経平均株価は大幅反発。21年ぶりとなる節目22400円台に乗せてきました。取引終盤まで上値を伸ばす動きとなっています。

前営業日には外部要因の軟化やイベント警戒の買い手控えで軟調展開。それでも当局の資産購入期待や押し目買いで下げ渋る動きを見せていたと思います。

外部要因改善で折り返すと、日経平均株価は一気に年初来高値を更新。今晩の米国時間帯で明らかにされるFOMC政策声明、週末三連休や米雇用統計などイベント接近の明日はさすがに緩みそうですが、好決算銘柄など旺盛な個別物色が下支え要因ともなりそう。

そこで、前営業日配信版では「決算先回り買いによる連続目標株価達成続く! 個別狙いのトレードチャンス豊富」と題していました。

本日では、30日のインターネット会員B情報で買い推奨していた三菱ガス化学<4182>が目標株価を達成。前営業日のエントリーから、本日後場発表の決算を手掛かりに人気化、先回り買いが奏功しています。

これで、前営業日に目標株価達成を紹介していた信越化学工業<4063>を含め、インターネット会員B情報はハブ<3030>、日立建機<6305>に続いて、4銘柄連続の目標株価達成となるなど、決算先回り買いによるリスクテイクが報われました。

売買代金上位でも上方修正のソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>が人気化。個別銘柄では決算反応を手掛かりとした値動きが目立っており、決算銘柄に的を絞って積極的に仕掛けていきましょう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
◆「推奨銘柄」と「アドバイス」を1カ月間しっかりと提供する!

個人投資家にとって理想となる助言サービスとはどのようなものか。

「推奨銘柄の数」は重要なものではありませんでした。
「推奨銘柄」を多く与えられても一度に取り組める銘柄数には限りがあります。

また、投資における分散効果は重要なものですが、数多く手掛けた場合、
たとえ期待通りの株価変動が見られたとしても投資収益が伴いません。

さらに、売買タイミングや取引数量、保有期間も重要。
適切な売買タイミング、銘柄に応じた取引数量も投資収益のコントロールに欠
かせません。
長期パフォーマンスが見込めたとしても保有期間が長過ぎれば投資効率は悪く
なります。

そこで到達した結論が……

◆◆◆◆◆◆◆ 「推奨銘柄は一週間に1銘柄で十分」 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆ その推奨銘柄のアドバイスをしっかり行う ◆◆◆◆◆◆

【ベーシックプラン】の会員契約期間は【1カ月】。
およそ4銘柄前後の投資アドバイスが個人投資家にとっても理想的です。

 http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#BASIC

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-明日の株新聞