小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 【米国市場について】【日経平均株価の下値メドについて】【物色傾向】【銘柄情報】

【米国市場について】
税制改革法案の先行き不透明感が上値を抑えていましたが、米下院が16日、共和党がまとめた税制改革法案を可決。見直しにつながりました。ただ、上院ではこれとは別に独自案の議論を続けており、しばらくは神経質な展開が続くのではないでしょうか。

【日経平均株価の下値メドについて】
週前半は上値を切り下げる展開となっていましたが、16日の反発で市場心理も改善を見せました。終わってみれば大台22000円、25日移動平均線がサポートした形ですが、来週も両水準が下値メドとなりそうです。

【物色傾向】
企業決算も14日でほぼ出揃い、業績の悪い銘柄を売って、業績の良い銘柄に乗り換える選別物色が目立ってきました。ただ、好業績株の多くは指数と同じく水準を切り上げていますし、上値を追うには地合いの押し上げも求められるところか。指数膠着時には材料株や需給妙味の強い銘柄の短期売買も目立っていくでしょう。

【銘柄情報】
○東京エレクトロン<8035>
指数調整時にも値持ちの良さ目立つ。信用好需給も。

○安川電機<6506>
選別物色を取り込み、先行開示の同社株の好実態を改めて見直す流れに。

○SUMCO<3436>
MSCI定期入れ替えでリバランス買い需要で底堅い。

○ペプチドリーム<4587>
材料性で再浮上。決算売りで形成した調整分を埋める動き。

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のスポット銘柄は「提供90回記念!」
特別情報料は過去最低となる50,000円です!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 来週配信「スポット銘柄プラン」特設ページ
   もうご覧になられましたか?
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3303

投資顧問会社グロースアドバイザーズ 
(最高経営責任者)分析担当者筆頭
小澤正治は米国経済、ビジネス環境分析が専門です!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
小澤によるリサーチ実例を紹介します!

今回と同じ、祝日休場と過去最低情報料で提供!
2017年5月1日提供 グレイステクノロジー<6541>
ゴールデンウィークの谷間に提供しました!

5月1日後場寄り値3,865円
6月13日高値7,440円! 【株価1.9倍を達成!】!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
記念すべき90回目で導き出す株は…
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
受付は11月22日11時30分まで! 提供は12時30分!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3303

-小澤の株式相場分析&銘柄情報