小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「来週の重要金融政策イベントを睨んで物色対象の準備を整えましょう」

【米国市場について】
東京市場で売り材料視されたトランプ米大統領によるエルサレムのイスラエル首都認定ですが、税制改革法案や連邦政府閉鎖問題など喫緊の課題が重要視される状況。さらに来週のFOMCでの利上げ実施後の市場反応も注目されており、振れやすい状況がしばらく続くでしょう。

【日経平均株価について】
6日の大幅調整が目立ちましたが、もともと上値の重さが見られたなか、外部要因の先行き懸念が下押し要因に。米国株の落ち着きで7日、8日の上昇とともに持ち直しましたが、先月の年初来高値23382円から大台22000円までの三角保ち合いとなっており、来週の米国金融政策確認後の放れに付く形となるのではないでしょうか。

【物色傾向】
相場上昇時には金融関連やハイテク株などの資金循環が働いていましたが、調整時には外部要因の影響を受けにくい材料株や直近IPOなどの短期売買対象が賑わう流れに。来週は金融政策イベントを睨んだ流れとなりますし、IPOラッシュも見込まれるなか、やや短期売買優位の流れとなりそうです。

【銘柄情報】
○三菱UFJFG<8306>
米利上げ実施後の反応を要注目。

○任天堂<7974>
年末商戦好調観測、円安も恩恵に。

○SGホールディングス<9143>
佐川急便の親会社。来週13日新規公開の大型上場案件。

○東芝<6502>
2部所属も相次ぐ材料性で存在感。

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

市況解説動画を公開!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3329

過去の米利上げ実施提供の推奨銘柄を公開!
2016年12月 スタジオアタオ<3550>
2017年3月 ジーエヌアイグループ<2160>
2017年6月 ペッパーフードサービス<3053>
利上げで騰がった爆上げ株がここにある!
リンク先でパフォーマンスを完全公開!
「米利上げ&爆上げ株」をぜひ確認してください!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3325

-小澤の株式相場分析&銘柄情報