小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「相場の上値は重く、材料株やIPOの短期売買がリードする展開に」

【米国市場について】
注目されたFOMC政策声明は市場観測通りの利上げ実施。来年の利上げペースも維持される見通しで市場反応としては出尽くしの印象に。続いて税制改革法案の上院可決が注視されており、造反議員の有無など、来週も政治問題が意識されるとともにクリスマス休暇前の手仕舞いが注目されるところでしょうか。

【日経平均株価について】
先週後半の出直りも大台23000円が上値抵抗帯となるなど、先月の年初来高値23382円から大台22000円までの三角保ち合いが継続。さらにFOMCのイベント通過も好感されず、上値を追いにくい形となってしましました。それでも下値では先週6日安値や先月も下値を支えた大台22000円が備えており、レンジ推移がしばらく続きそうです。

【物色傾向】
米国同様にハイテク株と金融関連を交互に物色していく形となりましたが、相場の上値の重さが意識されるとともに、物色も短期志向を強める流れに。大型上場案件のSGホールディングス<9143>ら直近IPOの値幅取りも目立つなか、来週も材料株やIPOの短期売買が主導していくと見ます。

【銘柄情報】
○ファーストリテイリング<9983>
高値圏を保つ動き。掉尾の一振への思惑も。

○SGホールディングス<9143>
佐川急便の親会社。短期売買目立つ。

○東芝<6502>
2部所属もディーリング資金流入は継続。

○カチタス<8919>
上場後も堅調展開続くIPO。

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
●先週5日前引け後配信のベーシックプランで買い推奨、ケイアイスター不動産<3465>が目標株価を達成!

推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1243

2倍高銘柄を高確率で狙える具体的な方法を公開!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3333

-小澤の株式相場分析&銘柄情報