小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「短期過熱感からの調整から米国決算シーズン入りで方向感を欠く動きへ」

【米国市場について】
先週の雇用統計消化後も堅調展開の続いた米国市場ですが、週明けはキング牧師記念日の祝日休場となります。主要指数は最高値圏での活躍が続く見通しですが、主要企業の決算シーズン入りで一喜一憂しやすい展開となるでしょう。

【日経平均株価について】
祝日休場中の外部要因進展を好感した買いで週明けは昨年来高値更新の活躍が見られていましたが、先週にも「さすがに目先は短期過熱感からの調整を挟みつつ、押し目買い目線で向き合いたいところ」としていたように、さすがに短期過熱感の高まりで一服してきています。それでも押し目買いが下値を支えており、目先は水準探りの動きとなるでのではないでしょうか。

【物色傾向】
指数調整とともに中核銘柄は利益確定売りに押される展開。ただ、出遅れの内需関連に資金シフトが働いているほか、先週にも「指数上昇が短期調整で一服する局面では短期売買対象への資金シフトも見込まれるでしょう」と指摘していたように、材料株、バイオ関連の一角などに短期資金が向かっています。今後は決算銘柄や予想修正銘柄にも物色が広がるでしょう。

【銘柄情報】
○ファーストリテイリング<9983>
指数構成比率上位で決算人気。

○安川電機<6506>
決算先回り買いで強含み。

○歯愛メディカル<3540>
活況呈するIPO。

○ラクオリア創薬<4579>
バイオ関連の短期売買対象。

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO
分析担当者筆頭・小澤正治は
米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
来週配信銘柄は『トリプルエイト!』は『3つの8』がポイント!
2018年、目標8倍高、今回の情報料も末広がり特別設定8万円!
なんと「8倍高銘柄」はすでに提供済!

2016年10月5日提供 アズジェント<4288>
10月5日後場寄り値533円
2017年7月27日高値4,690円!【株価8.8倍高を達成!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【株価8倍高】は決して無理な目標ではありません!

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
さらに小澤との『電話サービス』付き!

類まれな眼力で再び【株価8倍高銘柄】出現を目指します!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3349
受付は17日11時30分まで! 提供は12時30分!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

-小澤の株式相場分析&銘柄情報