小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「日米とも指数調整目立つ 先月安値との二番底形成を睨んで物色準備を」

【米国市場について】
調整が目立っており、トランプ大統領が鉄鋼・アルミ製品の関税導入方針を伝えたことが強めに報じられていますが、ベースとしてはパウエル新FRB議長の議会証言でインフレ加速見通しを示し、利上げペースアップを懸念した売りが主導している状況です。基本線では先月安値を意識しながらの二番底形成が意識されるでしょう。

【日経平均株価について】
米国主要指数と同様に下値探りの展開。先月安値との二番底形成が見込まれますが、先月にも下値を支えた200日移動平均線や大台21000円との位置関係が注目されるでしょう。リバウンドと戻り売りが混在する動きが見込まれます。

【物色傾向】
株価指数と同様に中核銘柄を中心に調整色を強める流れに。物色は短期志向を強めており、材料株やIPOに短期資金が向かっています。調整時には短期売買を中心としたディーリング、反発時には中核銘柄や調整銘柄を中心としたリバウンドなど、地合いに応じた資金シフトが発生するのではないでしょうか。

【銘柄情報】
○日経ダブルインバース<1357>
調整局面ではヘッジ目的の買いが集中。

○日経レバレッジETF<1570>
リバウンド局面での上昇睨んでマーク。

○イグニス<3689>
材料性で短期資金集中。

○ジェイテックコーポ<3446>
短期資金集める直近IPO、値嵩水準で分割期待も。

過去の「小澤の株式相場分析&銘柄情報」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/aQRpg9

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO
分析担当者筆頭・小澤正治は
米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
来週配信銘柄は『777(スリーセブン)ジャックポット!』

小澤によるリサーチ実例を紹介します!

昨年同時期に提供した「ジャックポット!」
◎2017年3月8日提供 ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>
後場寄り値2,185円
2018年2月21日高値4,545円! 【株価1.8倍を達成!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今の時期は「大当たり」の「出現確率」が急上昇!

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
今年の『777(スリーセブン)ジャックポット!』とは?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
受付は3月7日11時30分まで! 提供は12時30分!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3383

-小澤の株式相場分析&銘柄情報