小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「米国金融政策消化も米中貿易戦争への警戒高まる 株価指数の下値見極めへ」

【米国市場について】
注目されたFOMC政策声明で利上げ実施を伝え、年3回の利上げ見通しを示唆したものの、当日の米国市場は落ち着いた反応に。ただ、翌営業日にトランプ大統領が大規模な関税賦課を命じ、米中貿易戦争への警戒感の高まりから暴落。目先は株価指数が先月安値を試していく流れとなりそうです。

【日経平均株価について】
週前半はイベント警戒が先行、祝日休場明けもFOMC政策声明確認後の円高推移をこなす動きを見せていましたが、米国株暴落の影響で週後半は大幅調整を余儀なくされています。年初からの安値更新で米国株同様に下値探りの流れとなるでしょう。

【物色傾向】
指数同様に中核銘柄も見切り売り圧力が広がっています。ただ、外部要因に左右されにくい銘柄や材料株、IPOなどに短期資金が流入しています。来週には27日の権利付き最終日、28日の権利落ちの反応など、期末要因が主導すると見ます。

【銘柄情報】
○日経ダブルインバース<1357>
ヘッジ目的の資金流入目立つ。

○JT<2914>
調整先行で値頃感。

○SOU<9270>
IPOに短期資金集中。

過去の「小澤の株式相場分析&銘柄情報」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/aQRpg9

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO
分析担当者筆頭・小澤正治は
米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
来週配信銘柄は「期末・救世主銘柄!」

小澤によるリサーチ実例を紹介します!

過去の期末で配信した「救世主銘柄」
◎2016年3月29日提供 グリーンペプタイド<4594>
3月29日後場寄り値694円
2016年4月21日高値2,229円! 【株価3.2倍を達成!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

提供後の3カ月パフォーマンスでは同社株が過去最高!
「伝説の救世主銘柄」を導き出しました!
今回の最終目標は「7倍高」を目指します!

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
『期末・救世主銘柄!』とは?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
受付は3月28日11時30分まで! 提供は12時30分!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3396

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-小澤の株式相場分析&銘柄情報