気になる株のオリジナル理論株価を発表

気になる株のオリジナル理論株価を発表 「リアルワールド<3691>の理論株価は1,713円」

◆市場関係者やインターネット上で話題の「気になる株」のオリジナル理論株価を公開!
時価と理論株価の差を参考にしてください!

【銘柄】
リアルワールド<3691>

[算出日・株価]
2018/05/02 終値 1,397円

[BPS]
239.4円

[時価総額]
47億円

[売上高]
4,350百万円

[総資産]
3,152百万円

[自己資本]
657百万円

【理論株価】
1,713円

詳しい計算結果はこちらで確認できます。

※経営指標に基づく理論株価は現時点での参考値となります。業績や資産、発行株数の変化とともに理論株価も変動します。

過去の「オリジナル理論株価」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/f1MDn6

オリジナル理論株価計算
参考マニュアル 黄金株発掘法
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1440

────────────────────────
歴史的に見ると、個人投資家は常に出遅れて投資をしています。上昇のピークに買い始め、下落の終わりに投げ売って、失敗を繰り返しています。
 
今回もまた同じように、相場のピークとなった昨年11月に投資を始めて、早速、損失を膨らませている投資家が多いことでしょう。
 
しかし、あなたは今、この株式投資のメールマガジンを読んでいます。つまり、投資で儲けることを諦めていない、ということです。
 
『上昇のマグマを溜め込んでいる』
今の株式市場を見ていると、正にこのような表現がぴったりです。

株価は下落が大きければ、それだけ上昇も大きくなります。日経平均株価の“歴代上昇率1位”が、リーマンショック直後の2008年10月であることが、それを証明しています。

「株価は下がれば上がるもの」、「安いときに買って高く売る」投資の常識です。しかし「あなたは本当に安いときに買う決断ができますか?」

おそらく、できない投資家が多いでしょう。なぜなら、ほとんどが「明確なトレード・ルール」を持っていないからです。

プロの投資家たちは「株価は下がれば上がるもの」、「安いときに買って高く売る」ことを実践します。そして「いよいよチャンスが近付いてきた」と、本格買いの準備をしています。

次の(リバウンド)のタイミングで利益を上げられるかどうかは、2018年の収益を大きく左右するものになるでしょう。

下がってきた安い株を、絶好のタイミングで買っていきましょう。そして、リスクの高い相場では、たくさんの株を持たず次のチャンスに備えるのです。

常に投資をし続けるプロには決して真似のできないカウンター・トレードこそ、個人投資家には最適な投資手法だと確信しています。

リバウンド投資の真髄を極めてください!
きっとあなたの投資人生を変える1冊になると確信しています。
 
特別割引キャンペーンは休場明けで終了。

ぜひ、良い決断を。

下がった株は再び上がる!至高の逆張り投資術!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆★☆ リバウンド・マイスター ☆★☆

【ゴールデンウィーク限定セール!!】
通常価格 19,800円 ⇒ 5月7日(月)決済まで!
【最安値の9,800円!】【過去最安値です!】
     ★ 購入はこちらから ★
⇒ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1596

   ■ 販売締め切りは休場明けまで! ■

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-気になる株のオリジナル理論株価を発表