小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「決算シーズン終盤で関心も個別から相場方向性へ 指数は急落水準に突入」

【米国市場について】
主要企業の決算発表は一巡しつつあり、中東問題を中心とする地政学的リスクを意識した展開へ。ただ、物価指数の落ち着きを受けて利上げ観測後退とともに水準を切り上げてきています。ハイテク株の復調とともに日本株にも好影響が期待されるでしょう。

【日経平均株価について】
決算シーズン終盤で個別視点が強まり、連休の谷間となった先週を含め、膠着感を強める展開に。米国株の上昇とともに11日に水準を切り上げると、2月の急落時の出来高真空地帯に突入。上値志向が高まってきました。5月のSQ値は22621.77円となり、来週は同水準との位置関係が注目されるのではないでしょうか。

【物色傾向】
主要企業の決算反応が主導していたものの、開示済銘柄増加とともに株価指数の反応に沿った推移に。決算発表のピーク日も消化、来週前半にも開示銘柄が残っているものの、決算消化とともに業績の悪い銘柄を売って、業績の良い銘柄に乗り換える選別物色が進むと見ます。

【銘柄情報】
○スズキ<7269>
決算評価とともに反転へ。

○KDDI<9433>
決算消化、増配と自社株買いで年初来高値更新。

○マネックスグループ<8698>
ディーリング対象で存在感。

過去の「小澤の株式相場分析&銘柄情報」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/aQRpg9

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO
分析担当者筆頭・小澤正治は
米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
来週配信銘柄は「M作戦・マネーメーカー!」

過去のアルファベット作戦で発揮されてきた得意とするスピード勝負、
小澤によるリサーチ実例を紹介します!

2月14日に提供した「V作戦・勝利追求型銘柄」
◎2018年2月14日提供 ●●●ド●トコム
後場寄り値1,779円
2018年3月15日高値2,342円!【一ヶ月後に31%上昇!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3月14日に提供した「W作戦・白紙追求型銘柄」
◎2018年3月14日提供 ●●ン
後場寄り値1,965円
2018年3月22日高値2,426円!【わずか5営業日で23%速攻上昇!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

4月11日に提供した「S作戦・瞬騰株」
◎2018年4月11日提供 ●●●ベ●●
後場寄り値2,188円
2018年4月20日高値2,490円!【わずか7営業日で13%速攻上昇!】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3銘柄とも作戦イメージ通りの値動き!
V作戦、W作戦、S作戦の次は「M作戦」。
今回の「マネーメーカー!」も早期の投資収益回復を目指します!

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
『M作戦・マネーメーカー!』は…
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
受付は5月16日11時30分まで! 提供は12時30分!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3428

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-小澤の株式相場分析&銘柄情報