小澤の株式相場分析&銘柄情報

小澤の株式相場分析&銘柄情報 「日経平均株価の大台22000円キープで下値余地限定的 物色もIPOなど短期志向強い」

【米国市場について】
米中貿易摩擦への影響が響き、株価指数も上値を切り下げる動き。とくにトランプ政権が中国による投資抑制で断固とした措置を取るとの観測が強まり、テクノロジー関連の調整も目立っています。一方、原油相場の堅調展開でエネルギー関連が底堅く、セクター間の資金シフトが続くでしょう。

【日経平均株価について】
米国株安とともに上値の重い展開に。28日には大台22000円攻防が確認されましたが、売り一巡後には持ち直してくるなど、先月末と同様に大台22000円は目先の下値メドとなりそう。75日、100日、2000日の各移動平均線が揃う水準でもあり、下値余地は限られるでしょう。

【物色傾向】
方向感を欠く全体相場から中核銘柄、不安定な外部要因から外需関連が振るわず。一方、IPOの連日上場で短期資金もIPOを対象とした短期売買が目立っています。また、2月期決算銘柄の第1四半期決算も相次いでおり、決算銘柄への反応も目立ってくるでしょう。

【銘柄情報】
○武田薬品<4502>
調整先行で出直り目立つ。

○マネックス<8698>
仮想通貨関連のテーマ性。

○スプリックス<7030>
短期資金集中のIPO。

過去の「小澤の株式相場分析&銘柄情報」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/aQRpg9

「小澤の株式相場分析&銘柄情報」に関する質問、問い合わせは【銘柄診断】で対応します。診断はもちろん【無料】です!

ぜひ【無料銘柄診断】をご利用ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

小澤正治プロフィール
アメリカの大学で経営学を専攻。帰国後に金融業界で経営を積み、2009年に投資顧問会社グロースアドバイザーズに入社。2016年にCEO(最高経営責任者)就任。筆頭分析担当者。米国経済、ビジネス環境分析に秀でる。

────────────────────────
投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO
分析担当者筆頭・小澤正治は
米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
来週配信銘柄は『超利益加速(SPA)銘柄!』
情報料は7月サマープライスとなる7万円です!

「Yen SPA!」6月28日発売(7月28日号)号で『株の7賢人の一人』として紹介された小澤によるリサーチ実例を紹介します!

今回と同じ、最高経営責任者・小澤が放つ「渾身の一銘柄!」からパフォーマンス銘柄を紹介します!
第87回 2017年11月1日提供 ラクス<3923>

11月1日後場寄り値1,131.5円
2018年6月25日高値1,974円! 【上昇率74%を達成!】!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

力強い上昇トレンドを描き続けています!

今回も弊社リサーチ能力の全力を開放!
最高経営責任者・小澤は分析担当者筆頭!
「スポット銘柄」の最終決定者!
超(Super)利益(Profit)加速(Acceleration)の超利益加速(SPA)銘柄は…
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その答えは、ご自身の目で確認してください!
受付は7月4日11時30分まで! 提供は12時30分!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3462

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-小澤の株式相場分析&銘柄情報