気になる株のオリジナル理論株価を発表

気になる株のオリジナル理論株価を発表 「富士フイルムホールディングス<4901>の理論株価は5,507円」

[相談日]
2017年12月21日

【相談銘柄】
富士フイルムホールディングス<4901>

[損益状況]
含み益あり

[相談者]
Hさん

[相談内容]
未記載

【診断結果】
理論株価は5,507円です。
理論株価は2007年以来の高値水準となっています。

詳しい計算結果はこちらで確認できます。

※経営指標に基づく理論株価は現時点での参考値となります。業績や資産、発行株数の変化とともに理論株価も変動します。

「気になる株のオリジナル理論株価を発表」の紹介銘柄を募集中! 【無料銘柄診断】で受け付けています。

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

リンク先の「その他の相談内容(詳しい情報をご提供いただくと、より詳細な回答が可能です)」の項目に【理論株価希望】と明記してください。
当欄で紹介時には【イニシャル】で紹介させていただきます。ご安心ください。

過去の「オリジナル理論株価」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/f1MDn6

オリジナル理論株価計算
参考マニュアル 黄金株発掘法
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1439

────────────────────────
パターン別に黄金株を発掘! 四季報も有効活用!
『黄金株発掘法』では、初心者投資家でも実践できるように、合計6パターンの黄金株発掘法をマニュアル化しています。

発掘できる銘柄は以下の3種類。

【安定資産株】・【割安キャッシュリッチ株】・【高成長ハイグロース株】

◆安定資産株
個別株投資で最も怖いのは「経営破綻」です。発表直後から株価はストップ安が続き、株式が紙切れとなってしまうことも珍しくはありません。とはいえ、安全なだけでは株価は上がらず儲かりません。そこで、安定資産株で抽出するのは、安全性に加えて収益性の高い銘柄です。一定の条件に合致した銘柄を探して仕込んでおくことで、下値不安が小さく上昇力もある銘柄をポートフォリオに組み込むことができるでしょう。

◆割安キャッシュリッチ株
割安株。まさにファンダメンタル分析の真髄です。想定される理論上の株価に対して、割安となっている銘柄を買いという、「安く買って高く売る」ということを目指した手法です。特に株価を決める重要な要素である「企業が稼ぎだすキャッシュ」に焦点を当てた銘柄発掘方法です。「割安キャッシュリッチ株」は、割安性が高く収益性もある銘柄ですから、上昇に転じるスピードや上昇の持続性が高くなりやすい銘柄となるでしょう。

◆高成長ハイグロース株
株価を上昇させる最も簡単な方法は、収益力を高めることです。企業が成長すると言い換えることもできるでしょう。株価の上昇とって、成長力がどれほど大切かというと、成長力が高ければPER(株価収益率)が50倍でも100倍でも理論株価は割安だと判断できるのです。高成長ハイグロース株で抽出できるのは、とにかく株価の上昇力が大きい銘柄です。3つの銘柄抽出法の中で、最も株価が大きく上昇する銘柄群になるでしょう。

今回は、購入者への無料特典として【理論株価計算シート】をプレゼントします。

●気になる銘柄を買っていいのかチェック!
●利益確定の目標株価として!
●上昇余力の大きい銘柄を探すために!
●業績修正後には目標株価も修正可能!

などなど、使い方はたくさん。ぜひ、新しい方法を開発してみてください。理論株価の計算で用いる経営指標は四季報やヤフーファイナンスで確認できます!

四季報新刊で経営指標も刷新、最新の理論株価がわかる!ファンダメンタル分析が最も役に立つタイミングです。

このチャンスに黄金株発掘法を利用して、最高の利益を出せるように是非このマニュアルを手に入れてください。

⇒ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1813

 歳末限定! 過去最安値キャンペーン開催!
  定価12,800円 ⇒ 28日(木)17時決済まで!
      【最安値の6,400円!】

-気になる株のオリジナル理論株価を発表