株式市況

株式市況 「日経平均株価は100円高の3日続伸 祝日休場中の外部要因進展で買い優勢 メガバンクが指数押し上げ FA関連には失望売り」

昨晩の米国市場は高安まちまち。好決算銘柄は賑わったものの、原油相場下落でエネルギー関連が売られたほか、テクノロジー関連も軟調に推移しています。

ダウ平均株価は、前営業日比44.95ドル高の24,925.19ドル。ナスダック総合指数は20.26ポイント安の7,805.72ポイントで取引を終えました。

為替相場では貿易問題の先行き不透明感からドルが軟調に推移しています。

東京市場は祝日休場中の米国株上昇を好感した買いが先行。日経平均株価始値は22,605円の続伸スタートとなっています。

寄り付き後は、日経平均株価が前営業日高値を上抜く場面もあるなど、買い優勢の展開となりました。

後場も寄り付きから買い優勢、節目22800円台に乗せる場面もあるなど、一段高となっています。

日経平均株価終値は、100.01円高の22,697.36円。東証1部の売買代金は概算で2兆2213億円。東証1部の売買高は概算で12億4455万株。値上がり銘柄は1532(73%)に対し値下がりは492(23%)、変わらずは74(3%)となりました。

日経平均株価の3日続伸とともにメガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが揃って上昇。中核銘柄のファーストリテイリング<9983>、ソニー<6758>、トヨタ<7203>、東京エレクトロン<8035>、ホンダ<7267>らが買われており、指数を押し上げています。

一方、前営業日に買われていたソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>が下落し、指数の重しに。安川電機<6506>、キーエンス<6861>、SMC<6273>らFA関連の下げも目立ちました。

売買代金上位では、格上げの任天堂<7974>、ジムニー好調のスズキ<7269>、据え置き機向けタイトル発表のコロプラ<3668>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に陸運、食料品、海運、電気ガス、その他製品、その他金融、紙パルプ、空運、医薬品、倉庫運輸、繊維製品、小売、証券商品、ゴム製品などが並びました。

一方、値下がりは石油石炭、鉱業、非鉄、機械、電気機器となっています。

個別では、決算評価のタマホーム<1419>、ダイト<4577>、パソナグループ<2168>、月次好調の物語コーポレーション<3097>、アニコムホールディングス<8715>などが物色されました。

新興市場では、ミクシィ<2121>、ホットリンク<3680>、IPS<4390>、ロゼッタ<6182>、UUUM<3990>、串カツ田中<3547>、テリロジー<3356>、ブロッコリー<2706>、イメージワン<2667>、ジャストプランニング<4287>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●7月9日のインターネット会員A情報で買い推奨していたカカクコム<2371>が目標株価を達成!
推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10686

投資家自身で取引を行いたい方は、推奨銘柄情報だけ確認できるインターネット会員A情報の利用をオススメします!
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

明日配信のスポット銘柄は「J作戦・日本の宝株(Japanese Jewel)」。弊社イチオシのアルファベット作戦は上場来高値更新とともに中長期上昇! 投資収益がどんどん膨れ上がる! その作戦結果はこちら!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3471

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況