株式市況

株式市況「日経平均株価は127円高の続伸 ドル円上昇で後場一段高 金融関連物色が継続 ハイテク株安もこなす」

昨晩の米国市場は高安まちまち。金融関連物色が続いたものの、ハイテク株に売りが出ています。

ダウ平均株価は、前営業日比103.97ドル高の23,940.68ドル。ナスダック総合指数は87.97ポイント安の6,824.39ポイントで取引を終えました。

為替相場では、イエレンFRB議長の議会証言を受けてドルが強含み。東京時間帯早朝では1ドル112円台前半、1ユーロ132円台後半で推移しています。

東京株式市場では、ドル上昇を好感した買いが先行。日経平均株価始値は22,601円の続伸スタートに。

寄り付き後は、ハイテク株安が重しとなっており、利益確定売りと押し目買いが交錯。日経平均株価も前営業日終値を挟んでもみあいに終始しました。

後場も節目22600円を挟んでの往来、売り買いが交錯したあと、前場高値奪回から上げ幅を広げています。

日経平均株価終値は、127.76円高の22,724.96円。東証1部の売買代金は概算で4兆5393億円。東証1部の売買高は概算で24億4557万株。値上がり銘柄は1070(52%)に対し値下がりは878(43%)、変わらずは89(4%)となりました。

日経平均株価の続伸とともにメガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>、日経平均株価構成比率上位ではファーストリテイリング<9983>が上昇。指数を押し上げています。

一方、米国ハイテク株安が響き、ソフトバンク<9984>、任天堂<974>、東京エレクトロン<8035>、信越化学工業<4063>、安川電機<6506>、村田製作所<6981>、キーエンス<6861>などが売られました。

売買代金上位では、格上げの伝わった新日鐵住金<5401>、施設拡張が報じられたオリエンタルランド<4661>、米国金融関連物色を受けて東京海上ホールディングス<8766>、第一生命保険<8750>、野村ホールディングス<8604>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に海運、証券商品、陸運、鉄鋼、その他金融、保険、不動産、水産農林、銀行、小売、医薬品、石油製品、倉庫運輸、食料品などが並びました。

一方、値下がりは電気機器、その他製品、機械、ゴム製品、精密機器、情報通信、化学となっています。

個別では、自社株買いの日清紡ホールディングス<3105>、TOB対象のアーク<7873>、増配のミルボン<4919>、格上げの広島銀行<8379>などが物色されました。

新興市場では、串カツ田中<3547>、サインポスト<3996>、ジーエヌアイグループ<2160>、ジーンテクノサイエンス<4584>、アドウェイズ<2489>、シェアリングテクノロジー<3989>、ビーマップ<4316>、デジタルアドベンチャー<4772>などが賑わっています。

────────────────────────
  「2ヶ月ぶりの配信決定!」お見逃しなく!
 ◆『大化け銘柄ウォッチリスト』販売中!◆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
この『大化け銘柄ウォッチリスト』企画ですが、
● 銘柄選びの必要なし!
● トレード技術はまったく不要!
● 必要なのは「トップピック4銘柄」確認だけ!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
さらに、自信の【無料提供条件付き】で提供す。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
安定した過去実績、そして過去最安値販売ですから、
初めて購入される方にオススメです!
★★★★★★★★★★★★★★★★★
『大化け銘柄ウォッチリスト』ですが、
株式市場やトップピック銘柄への影響を考慮して、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
購入は「先着30名」に限らせていただきます。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3309
販売期間は12月5日(火)15時まで!「先着30名限定」

9月5日引け後に配信した
◆ 『大化け銘柄ウォッチリスト』9月5日配信版 ◆
     11月10日終値ではどうなったか?

  【トップピック銘柄】  いずれも単元株数:100株
★太洋物産<9941> 配信翌営業日始値912円 10日終値1,145円
★日本ファルコム<3723> 配信翌営業日始値972円 10日終値1,097円
★長野計器<7715> 配信翌営業日始値942円 10日終値1,438円
★ノダ<7879> 配信翌営業日始値999円 19日終値1,314円

配信翌営業日始値でのトップピック銘柄の投資評価額
382,500円
10日終値でのトップピック4銘柄の合計評価額
499,400円 配信翌営業日始値比+116,900円(配信翌営業日始値比+30.56%)
(売買手数料、税金等は考慮しません)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2カ月で合計評価額+116,900円! 費用対効果は29倍!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
購入者の方からは「トップピック4銘柄を寄り付きで買って、放っておいたら勝手に利益が出ていました」「小型株の選び方、すごく参考になりました!」「さすが大化け銘柄ですね」「小資金で取り組めたので良かったです」「ぜひもう一度販売してください!」との声を受けて、
『大化け銘柄ウォッチリスト』12月5日配信版販売中!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3309

-株式市況