株式市況

株式市況「日経平均株価は91円高の続伸 戻り高値試すも大台23000円目前で足踏み 中核銘柄は高安まちまち 材料性でディーリング対象に短期資金」

昨晩の米国市場は軟調。トランプ大統領が中国との貿易交渉が成功しない可能性を示唆し、貿易問題を意識した売りが主導しています。

ダウ平均株価は、前営業日比54.95ドル安の24,713.98ドル。ナスダック総合指数は15.82ポイント安の7,382.47ポイントで取引を終えました。

為替相場は米10年債利回りの上昇でドルが強含み。東京時間帯早朝では1ドル110円台後半、1ユーロ130円台後半で推移しています。

東京市場は米国株軟調も円安推移を好感した買いが先行。日経平均株価始値は22,907円の続伸スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が直近戻り高値を更新する場面が見られるなど、堅調展開となりました。

ただ、大台23000円奪回には至らず、後場も堅調もみあいとなっています。

日経平均株価終値は、91.99円高の22,930.36円。東証1部の売買代金は概算で2兆2800億円。東証1部の売買高は概算で13億310万株。値上がり銘柄は1161(55%)に対し値下がりは824(39%)、変わらずは98(4%)となりました。

日経平均株価の続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、中核銘柄のソニー<6758>、トヨタ<7203>、スズキ<7269>などが堅調。円安推移を手掛かりに指数を押し上げています。

一方、任天堂<7974>、三菱UFJFG<8306>、武田薬品<4502>、東京エレクトロン<8035>、リクルート<6098>、JT<2914>などは振るわず。利益確定売りに押されました。

売買代金上位では、2部所属の東芝<6502>、自社株買いの東京海上ホールディングス<8766>、決算評価のSMC<6273>、材料性でメタップス<6172>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に石油石炭、鉱業、保険、非鉄、ゴム製品、紙パルプ、海運、化学、輸送用機器、陸運、機械、卸売、証券商品、空運、繊維などが並びました。

一方、値下がり上位はその他製品、食料品、金属製品、不動産、水産農林、鉄鋼、銀行となっています。

個別では、目標株価引き上げの太陽誘電<6976>、日本ユニシス<8056>、リケンテクノス<4220>、ニフコ<7988>、自社株買いのコタ<4923>などが物色されました。

新興市場では、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、中村超硬<6166>、グローバル・リンク・マネジメント<3486>、AMBITION<3300>、JMC<5704>、ジャパンエレベーターサービス<6544>、UTグループ<2146>、レカム<3323>などが賑わっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のスポット銘柄は「20万円以下で買える決算評価2倍高期待株」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

受付は5月23日11時30分まで! 提供は12時30分!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あの人気企画が復活! 今回は決算評価を追い風に『2倍高!』を狙います!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3432

────────────────────────
2倍高銘柄を高確率で掴むベストアプローチを限定公開!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3432

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況